広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム > 宣伝・広報部

宣伝・広報部の求人・転職

検索条件を変更する

職種

職種

勤務地
年収
万円以上
業種・雇用形態

業種

雇用形態

こだわり・キーワード

こだわり

フリーワード

検索条件を追加

検索条件を変更する

1件~20件を表示 / 全107件

次へ

転職支援サービスお申し込み(無料)

企業面接にキャリアコンサルタントが
同席するから安心
履歴書作成・面接などのアドバイスから面接の同席、条件面の調整・交渉まで。専任のキャリアコンサルタントがこまやかに転職をサポートします。

転職支援サービスお申し込み(無料)

マスメディアンにしかない
極秘求人あり
実績と宣伝会議グループのネットワークにより、人事だけではなく経営者や部門責任者から直接、極秘の特命案件のご相談を多数いただいています。

次へ

宣伝・広報部とは

広報は業界、企業、製品、サービスなどに関する情報を発信し、ブランドイメージ向上や売上げ向上と一般的な企業イメージの確立・維持をおこなう仕事である。 発信先は、その企業の利害関係者と呼ばれる、ステークホルダーたちである。具体的には、株主・機関投資家、製品・サービスを購入する得意先や消費者、社員と家族、行政、企業の所在する地域など、社外・社内を問わず多岐にわたる。具体的な業務内容としては社内報や会社案内の編集、新聞社やテレビ局、雑誌社など報道関係者の対応、マスコミに対して発表をおこなうプレスリリースの作成などがある。広告戦略の源である、企業戦略に密接に連動しながら、社会(マスコミ)へ経営発表をおこなったり、投資家向けに財務状況などのIR情報発信をおこなったりもする。その意味で、広報は経営トップによる「広告」とも言える。また、通常の主な広報業務は、マスコミ対応、社内広報だが、近年急速に利用が拡大しているソーシャルメディアを広報部門で対応している企業もある。広報には華やかなイメージがあるが、実際は情報収集や資料管理などの地道な作業が多いので、毎日コツコツと仕事を進めることが要求される。また、突発的な出来事も多いので、臨機応変な対応や細やかな気配りが求められる。広報担当者は、社外内の人と接することが多く、時には共同で仕事を進めることがあるので、コミュニケーション能力は必須条件になってくる。

株式会社マスメディアンは株式会社宣伝会議のグループ会社です。広告・Web・マスコミの求人数・転職支援実績No.1クラス。東京・大阪・名古屋・福岡・金沢に拠点を持ち、グラフィックデザイナー、コピーライター、営業・アカウントエグゼクティブ、マーケティングプランナー、Webディレクター、編集・ライター、宣伝広報担当など、専門職に特化し転職のご支援をしております。同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視する採用ポイントは異なります。企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、4万人を超える転職支援実績から培った広告業界専門の転職ノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークがあればこそ。企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなど、マスメディアンならではの情報をお伝えします。

採用をお考えの企業さま
プライバシーマーク
厚生労働大臣許可番号
人材紹介 13-ユ-040475
人材派遣 派 13-040596

マスメディアンはプライバシーマークを取得しています。