面接対策

企業が見ているところ

中途採用は、新卒採用と違い、あなたがしてきたことやできることを重視します。しかしながら、経験・スキル以上に「意欲」を重視する企業は少なくありません。面接では、これまでの経験やスキルをアピールしつつ、企業へ志望意欲をしっかりと伝えることが大切です。

  • 人柄
  • 社会人としての基本的なマナー
  • 身だしなみ、挨拶、時間厳守
  • これまでの経験・スキル
  • 志望意欲度

面接で必ず聞かれること

面接で聞かれる質問事項を事前準備していれば、突飛な質問に臨機応変に対応できる余裕も生まれます。面接は事前準備をしっかりしてライバルに差をつけましょう。特に、「転職(退社)理由」と「志望理由」は必ず聞かれます。そのふたつに矛盾があると、すぐに辞めてしまうのではないか、と企業に不安を与え、マイナスの評価につながる可能性がありますので、ご注意ください。

  • 自己紹介(これまでの経験やスキルを中心に)
  • 転職(退社)理由
  • 志望理由
  • 入社後に何をしたいか

など

受け答えテクニック

面接は尋問ではなく、相互理解を深めるコミュニケーションの場です。面接官とのやり取りのなかで、良い空気をつくり出し、最高のタイミングで終わることが肝心です。

  • 端的にわかりやすく答える。
  • 定性よりも定量。面接官との共通理解をつくるために具体的なことは数字を入れて話す。
  • 経験などの強み弱みも、はっきりと言い切ってしまう。出来ないことはこれから勉強していくという前向きな姿勢を伝えましょう。
  • 面接官の意図を理解して答える。わからなければ「このような意味ですか?」と確認する。
  • 沈黙は恐れず、面接の空気を読む。面接官が話したいのか、聞きたそうにしているのか理解する。

作品のプレゼンテーション

会社によって面接はさまざまですが、クリエイターの方は作品をプレゼンテーションする時間が設けられていることがあります。

<ポイント>

  • 簡素にわかりやすく
  • だらだら話をしない
  • 全作品を説明しない

代表的な作品だけを説明すればよいのか、特定の媒体や商材を中心に説明すればよいのか、プレゼンテーションをどの程度(時間・量)してもよいか、プレゼンテーションをはじめる前に確認をするとよいでしょう。

<面接の流れ一例>

面接の流れ一例の図

<プレゼンテーションの例>

  • 企業主導型:企業が主導的に作品を見ながら質問形式で進めるパターン
  • 応募者主導型:企業は聞き役に徹し、応募者の説明を聞いているパターン
  • コミュニケーション型:企業主導型と応募者主導型の中間

※企業によって面接の流れや進め方はさまざまです。こちらはあくまで参考としてのものであり、実際の面接は、異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

面接官の人となりや想定される質問などマスメディアンが独自に仕入れた企業ごとの面接情報を事前にお伝えします。また、面接終了後に、良かった点や改善点をフィードバックします。企業が評価していたポイントなどもお伝えすることで、次の面接につなげることもできます。お気軽にお問い合せください。

同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視する採用ポイントは異なります。企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、4万人を超える転職支援実績から培った広告・Web・マスコミ職種専門の転職ノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークがあればこそ。企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなど、マスメディアンならではの情報をお伝えします。