宣伝会議グループ 広告・Web・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職成功ガイド > 未経験から広告業界への転職

未経験から
広告業界への転職

私たちの生活には、広告があふれています。
個性的で目を引く広告を見て、
どのようにこの広告がつくられたのか?
自分も携わってみたい!
と興味を持つ方もいるでしょう。
そこで未経験だから無理かなと、
諦める必要はありません。
未経験でも広告業界で仕事はできます。
その場合に必要なスキルは何か?
求人はあるのか?
そのような疑問に答えられるような情報を
お伝えします。

未経験者向けセミナー

狙い目は営業職!

広告会社への転職は未経験でも可能ですが、コピーライターやデザイナーなどのクリエイティブ職やマーケティング能力が問われるプランニング職は、即戦力が求められており、経験者が優遇されます。未経験ではなかなか採用されにくいのが現状です。さらに大手企業となると未経験の求人は多くはありません。広告会社で未経験でも特にチャンスがあるのは営業職です。

クライアントのニーズを把握し、適切な提案をすることが営業職の仕事。コミュニケーションスキルは必要ですが、未経験でも業界のことや広告に関するノウハウを勉強することで業務を進めていけます。また、営業アシスタントであればより転職しやすいでしょう。最初に営業アシスタントとして就職し、経験を積むことで営業職を目指すという方法もあります。

広告会社で、営業として活躍するために大切なこと

広告業界未経験で営業として活躍するには、次のような知識やスキルなどが必要です。

法人営業経験や新規開拓経験
営業職時代に培った自社を売り込む経験は、広告会社でも活かせます。新規開拓などを通して得られる、未知のクライアントを発掘するバイタリティーや度胸なども営業職としては重要です。
広告についての知識
どんな広告媒体があるのかなど、広告に関する最低限の基礎知識は備えておきましょう。
広告への好奇心
広告が好き、興味があるという好奇心は、自ら知識を身につけようと勉強する姿勢につながります。また、広告媒体や生活者ニーズの移り変わるサイクルは早いです。クライアントや生活者に響く広告を提案するためには、常にアンテナを広げ、最新の広告手法や注目のメディアなどにも敏感でいることが大切です。

広告会社の求人の種類

広告会社にはいろいろな種類があります。さまざまな広告を取り扱う総合広告会社、外国法人もしくは外国人が出資している企業である外資広告会社、専門分野の広告関連を扱う専門特化型広告会社、主にオンラインの広告を制作するインターネット広告会社などがあります。マスメディアンの求人割合は以下の通りです。

  • 総合広告会社 52%
  • 外資広告会社 8%
  • 専門特化型広告会社 11%
  • インターネット広告会社 29%

重要!広告業界の志望動機に盛り込むべき3トピック

広告会社では、何を重視した面接が行われているのでしょうか。面接官の方がよく質問する志望動機をまとめました。

1. なぜ広告会社に興味を持ったか
広告に対する好奇心や想いは、重要な選考ポイントです。広告に興味を持ったきっかけや、広告業界で何をしたいのかなど、自分のやりたいことが広告業界でないとできない理由について具体的に話しましょう。
2. 数ある広告会社の中でなぜ選んだのか
広告会社にはさまざまな特徴があり、会社によって力を入れていることもそれぞれ異なります。その中でなぜこの企業を選んだのか、理由をしっかり伝えることが大切。会社が力を入れていることや特徴などにも触れながら、自分のやりたい仕事や会社への想いを伝えましょう。
3. 入社後にやりたいこと
入社したらどのようなことをやりたいのか?どのようなことに興味があるのか?といった点に触れながら、ここでなければそれができないという熱意を示すことが大切。また、前職のスキルで活かせるものがあれば、それをうまくアピールするのも有効です。

未経験からの
転職成功事例

未経験から広告会社に転職した、マスメディアンの成功事例をご紹介します。参考にしてみてください。

大手広告会社で営業職に転職20代後半 男性
  • 前職:一般企業 営業職
  • 大手広告会社 営業職

前職は一般企業の営業職でトップセールスとして活躍し、TOEIC800点台後半。もともと広告業界志望であり、広告に大変な興味を持っていたこと、さらに前職での営業経験のノウハウを広告業界でも活かせるということで、採用になりました。広告制作に英語力を活かすことも期待されています。

留学経験を生かした自己PRで大手広告会社へ転職20代後半 女性
  • 前職:求人広告会社 営業・制作ディレクター
  • 総合広告会社 営業

自社媒体の広告営業、編集業務を行う中で、更に深く広告に携わり、スキルを伸ばしたいとの思いが強くなり、転職活動を開始。広告営業の経験が仕事内容にマッチしていたこと、スキルアップを望む高い向上心、クライアント対応に必要な穏やかな人柄が面接の場で評価された。また、内定企業が外資系クライアントを担当するため英語力のある人材を募集しており、過去の留学経験から日常会話レベルの英語力を持っていたこと、海外への抵抗がないこともプラス評価になった要因です。

映像制作会社の制作進行管理に転職20代後半 男性
  • 前職:専門商社 営業職
  • 映像制作会社 制作進行管理

前職では営業成績が優秀で、何事にも研究熱心。複数の案件を並行して取りまとめていた経験から、制作進行職に必須であるさまざまな点に配慮しながらスケジュール管理をする能力があると期待され、採用になりました。コミュニケーションスキルも問題ないといった点も、採用の理由です。

未経験からコピーライターに転職20代後半 女性
  • 前職:化粧品メーカー 営業
  • 総合制作会社 コピーライター

前職は化粧品メーカーの営業で、販売店への商品の提案や販売員のスキルやモチベーションアップのための施策提案、イベント開催などを行っていました。もともと公募への応募など自主的に活動していたことから、キャリアコンサルタントのアドバイスでポートフォリオを作成。内定企業に、熱意はもちろん、営業職で培ったクライアントの意図を汲みとろうとする姿勢が評価され、採用につながりました。

未経験からコピーライターに転職30代後半 女性
  • 前職:システム会社 営業職
  • 総合広告制作会社 コピーライター

新卒時から広告業界に興味を持っており、コピーライター養成講座に通ったことをきっかけに転職を決意。キャリアコンサルタントのアドバイスにより、当初より作品数を増やし、熱意をポートフォリオでアピールすることに。その想いが伝わり、未経験ではあるもののコピーライターになりたいというモチベーションの高さと、前職の営業職で培ったコミュニケーション力が内定企業から高く評価され、採用となりました。

初めての
転職

応募書類のつくり方から
面接対策の仕方まで、
転職活動を始めるにあたり
知っておくべき基本情報を
お伝えします。