履歴書のつくり方

ポイント

  • 履歴書は市販のフォーマットで可。
  • 履歴書は3カ月以内に記入したものを提出する。
  • 学歴・職歴欄の最後には、「以上」と書く。
  • 黒のインクで書く。強調したい箇所があっても、マーカーは使わない。
  • 修正液は使わない。書き損じたら、新しい用紙に書き直す。
  • 履歴書と職務経歴書の年号は和暦か西暦かどちらか一方に統一し、混同させないこと。
  • 履歴書と職務経歴書に誤差がないか必ずチェックする。

写真はビジネスにふさわしい好印象のものを選ぶ

履歴書でまず目に飛び込んでくるのは写真です。実際の経歴やスキルよりも第一印象になりがちのため、好印象を与えるような写真を選ぶことがポイントです。ただし、採用選考はあくまでもビジネスの場。「信頼感を与える」「清潔感がある」などが重要です。ビジネスにふさわしい写真選びをしましょう。また、写真がはがれてしまった時のために、写真の裏側には氏名と生年月日を記入するとよいでしょう。

見やすさを配慮しつつ、きれいに丁寧に

企業によって違いますが、未だに、ワープロ打ちよりも手書きのほうを好む方が多いのも事実です。履歴書を手書きで書く場合、見やすさを配慮しつつ、きれいに丁寧に書くことがポイントです。達筆でも走り書きしたような履歴書よりも、上手いとはいえない文字でも丁寧に書いた履歴書のほうが好印象です。丁寧に履歴書を書いているだけ、転職への意気込みや入社への熱意も自ずと伝わり、印象アップにつながります。ただし、熱意を伝えようとするあまり、細かな文字でびっしりと書くのは逆効果。読む相手の気持ちになり、「見やすさ」も配慮しましょう。

実績が少ないデザイナーの方は、独自のフォーマットを

作品数がまだあまりないデザイナーの方は、企業に提出する応募書類(履歴書、職務経歴書、作品集)を、統一されたフォーマットでつくるのもよいでしょう。応募書類の文字組やレイアウトなどのデザイン性でアピールすることができるからです。ただしあまり凝り過ぎると逆効果に。転職活動はあくまでビジネスの場です。ビジネスパーソンとしてのTPOをわきまえ、学生のエントリーシートのようにならないよう注意しましょう。

履歴書や職務経歴書、作品集などの応募書類のつくり方について、これまでのノウハウをもとに、企業ごとの特徴に合わせたアドバイスをします。お気軽にお問い合せください。

職務経歴書のつくり方 »
作品集のつくり方 »

同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視する採用ポイントは異なります。企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、4万人を超える転職支援実績から培った広告・Web・マスコミ職種専門の転職ノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークがあればこそ。企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなど、マスメディアンならではの情報をお伝えします。