広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職ノウハウ > 広告業界のアカウントエグゼクティブとは?

広告業界のアカウントエグゼクティブとは?

職種解説

広告業界、特に広告会社で、営業職のことはアカウントエグゼクティブとも呼ばれます。英語(Acount Excective)での頭文字をとってAEとも記載する、業界特有の呼び名です。今回は、そんなアカウントエグゼクティブ、広告会社の営業職の仕事について、説明いたします。

アカウントエグゼクティブの特徴

アカウントエグゼクティブは、クライアントの広告主(アカウント)に対して、広告・プロモーションの企画立案や提案、実施施策の制作進行、その後のフォローまでを一貫して担当するポジションです。1人で複数のクライアントを担当することもあれば、大手の広告会社であれば専属で大きなクライアント1社のみを担当することもあります。

クライアントの一番近くにいるアカウントエグゼクティブは、クライアントの要望を正確に判断することが必要です。誰かに指示されたことをこなすのではなく、自ら勉強し調べ、提案をしていく仕事なので、積極性や行動力が求められます。クライアントと直接のやり取りをしているので、成果が出た際は感謝され、喜びを分かち合うこともできる、やりがいのある職種といえるでしょう。

アカウントエグゼクティブはどんな人材が求められる?

幅広く、さまざまな仕事をしていかなければならないアカウントエグゼクティブの仕事においては、次のような人材が求められます。
 
コミュニケーション力の高い方
クライアントから要望などを聞き出し、それを反映させるには、ヒアリングのスキルが必要です。コミュニケーションが苦手、という人ではクライアントのニーズを正しく引き出すことができません。
 
また、クライアントだけではなく、アートディレクターやカメラマンなど、さまざまな職種の方とコミュニケーションをとっていかなければなりません。クライアントの要望を正しく伝えるだけでなく、方向性が違っていれば指示を出したり、アドバイスをしたりするコミュニケーション力が必要です。
 
スケジュールや意見を統括するスキル
広告を制作するにあたり、さまざまな職種が関わり、進行していきます。魅力的な広告が制作できそうでも、納期に間に合わなければ意味がありません。それぞれの仕事内容をチェックし管理をして、スムーズに進行させるスキルが求められます。職種や立場によって、さまざまな意見や要望が出てきます。それぞれの意見を尊重し、まとめて、最適なプランを企画しながら仕事をしていくことが大事です。
 
一方で、専門家だからとその意見だけを尊重し、クライアントの意向に沿わないものをつくるわけにはいきません。専門的知識においては勉強不足な点もあるでしょう。それでも、勉強をしながら、適切な方向性を見失わないよう、ハンドリングをすることが求められます。

アカウントエグゼグティブの求人は未経験でも入社チャンスがある

もともとは広告会社だけでの呼び名であったアカウントエグゼグティブですが、現在はPR会社、SP会社、制作会社、さらにインターネット広告を扱う会社でも同じく営業職をアカウントエグゼグティブと呼ぶことがあります。

そんなアカウントエグゼグティブ職は、広告業界の中でも未経験での入社が狙いやすいポジションです。グラフィックデザイナーなどクリエイティブのポジションは、専門的なデザインソフトの実務での使用経験が必要となります。中途採用では経験者の採用がほとんどであり、未経験者の入社はほぼありません。しかし、アカウントエグゼグティブであれば、他業界でも法人営業や新規開拓、顧客折衝の経験を業務に活かすことが可能です。また、前述の経験がない場合でも、コミュニケーション力が高い方は活躍の可能性があります。転職活動においても、選考過程でコミュニケーション力を評価され入社するというケースがよくあります。このように、未経験からの入社、活躍の可能性も高いのがアカウントエグゼグティブです。

さまざまなスキルを高められる

未経験での入社のチャンスもあるアカウントエグゼクティブですが、さまざまな職種と関わり、幅広い業務をこなしていかなければなりません。高度なコミュニケーション力も求められます。その分経験することは多く、スキルアップも見込め、やりがいを感じながら仕事ができるでしょう。求人分野も幅広いので、興味のある分野の求人にトライしてみてはいかがでしょうか?

アカウントエグゼグティブの求人はこちらから。