マーケティング・クリエイティブの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

マーケティング・クリエイティブ 求人・転職ホーム積極求人特集 > クリエイティブの力で、企業の魅力を客観的に見える化する─株式会社ライオンハート

クリエイティブの力で、企業の魅力を客観的に見える化する─株式会社ライオンハート

名古屋

クリエイティブ

ブランディング

愛知県名古屋市に本社を置き、企業ブランディングを提案するライオンハート。DTPデザインの制作会社からスタートした同社は、時代のニーズとともにWeb制作を中心とした制作会社に成長していきました。そして今ブランディングエージェンシーとして、中小企業のコーポレート、事業、組織(インナー)におけるさまざまな印象づくりをクリエイティブの力で支援すべく奮闘しています。今回は、Webデザイナーとして入社し、現在は執行役員、アートディレクター兼採用担当を務める妹尾利津子さんに同社の特徴や仕事の面白さについて伺いました。(マスメディアン編集部)

──ライオンハートの事業についてお聞かせください。
ライオンハートは、クリエイティブの力で企業や事業、組織(インナー)の魅力を客観的に見える化し、最適な印象づくりを支援していくブランディングエージェンシーです。手がけるメインの制作物はWebサイトです。そのなかでも企業の顔となるコーポレートサイトや採用サイトの制作に強みを持っています。中小企業の経営者さんが持つお悩みはそれぞれですが、総じて悩みが曖昧であるという特徴があります。ヒアリングをしていくなかで、悩みの解像度を上げていき、本当の課題は何なのか、その課題を解決するには何が一番効果的なのか、それをクリエイティブの力で解決するにはこういう手法が良いですよ、とブランディングの視点から提案をしていくのが、私たちのスタイルです。ある程度型が決まったサイト制作の依頼に答えていくWeb制作会社とは少し異なる立ち位置で仕事をしています。

──課題解決のためのアウトプットとして、Webサイト制作以外の提案をすることもあるのでしょうか?
ロゴマークやオフィスデザインのリニューアルを提案することもあれば、新しい社名や事業名、経営理念やタグラインを一緒につくってほしいというお話をいただくこともあります。最初からアウトプットが決まっているケースはほとんどなく、曖昧な相談に対して課題を抽出していくなかで、プロジェクトが生まれていきます。共通して私たちが行っていることは、クライアントにとって一番大切な目的は何だろう、最適な答えは何だろうと一緒に考えることです。オーダーがWebサイト制作からスタートしたとしても、実際は違うアプローチのほうが効果的な場合もあります。課題の抽出から具体的な解決策をお出しするところまで、クライアントの伴走者であり続けることが私たちの強みです。

執行役員 アートディレクター 兼 採用担当 妹尾利津子さん

──特に印象に残っているブランディング事例はありますか?
経営理念の浸透に悩んでいた企業から「新たな経営理念を作成し、社内に浸透させていきたい」というご相談がありました。そこで私たちは、理念を表現するためのロゴマーク変更やWebサイト・オフィス空間のリニューアル、クレドカードの作成など、理念をいかに使っていくかという視点でさまざまな提案をしました。また、一新したロゴマークをユニフォームと営業車にも入れました。街の子供たちが会社のロゴを見たときに、かっこいいなと思ってもらえる印象づくりをすることで、自然と仕事に対して誇りを持つことができ、社内でも互いに尊重し合う組織づくりができるのではないかと思ったからです。このように、クライアントのお題に答えるべく、これからもさまざまなアプローチにチャレンジしていきたいです。

──募集しているWebディレクター・Webデザイナーの業務内容を教えてください。
コーポレートサイトや採用サイト、ECサイトなどWebサイトの実制作をお任せします。根本の考え方はブランディングと同様だと思っています。古いサイトをリニューアルしたいという要望であっても、なぜリニューアルするのか、どのようなビジョンや印象を伝えていきたいのかを丁寧にヒアリングしながら制作を進めていきます。

腹を割って話せるような良い関係を築けているお客さまが多いのも特徴です。営業担当が最初の段階からしっかりと信頼をつかみ高い期待値をつくっているので、制作部隊としてはその期待値を裏切ってはいけないというモチベーションで取り組んでいます。当社のクライアントは業態が偏っていないため、多種多様な企業のサイト制作に携わることができるのも面白いところだと思います。クライアントとは直接取引をしており、デザイナーも直接クライアントとやり取りをすることで現場を肌で感じながらデザインできるのは良いところです。お客さまの喜ぶ顔を近くで見ることができるのは、やりがいにつながりますよね。業務に慣れてきて、ご本人の希望と特性が合えば、より上流のブランディング案件にも積極的にチャレンジしていただきたいと思っています。

──社内の雰囲気はいかがですか?
手前味噌ながら、「人をめちゃくちゃ大事にしている会社」だと思っています。それは、私たち経営陣だけではなく、社員一人ひとりが経営理念である「笑顔創造」を理解し、行動に落とし込めているからだと思います。「笑顔創造」には、お客さま、パートナー、仲間の笑顔を想像して、実際にその笑顔を創造しようという意味が込められています。そのため、会社で起こるすべてのことは、「それは誰かの笑顔を創造するのか?」という視点で考えます。この意識が根付いているので、お互いのことを良く見て感謝し合うことが、社内で当たり前になっていますね。これからの未来、社員が30名、50名と増えていったとしても、当社のエンゲージメントは「笑顔創造」を貫いていこうと決めています。

──教育体制に力を入れていると聞きました。どのような特徴がありますか?
教育に関しては、「みんなで育てる」という風土があります。まず入社後2週間は研修期間を設けています。経営理念や業界について、各職種の仕事内容、社内ルールなどをしっかりレクチャーします。全社員一人ひとりに担当を割り振り、講義をしてもらいます。業務に関係なく社員みんなと接して欲しいという思いもありますし、教える側の成長にもつながると思っています。

──制作会社は忙しいイメージがありますが、御社の働き方はいかがでしょうか?
代表が、業界特有の「夜遅くまで残業する空気」を無くしていきたいと考えているので、夜19時にはほぼオフィスに人がいません。また、リモートワークを基本として週1回出社している社員や、静岡県の自宅兼オフィスでリモートワーカーとして働く社員もいます。入社直後は難しいかもしれませんが、しっかり実績を積んでいただければ、自分のライフスタイルにあわせた自由な働き方を相談できる環境です。

──どのような方にご入社いただきたいですか?
2つあります。まず1つ目として、ゴールから逆算してプランを立て、さらにその道筋を説明できる力がある人は活躍できると思います。2つ目は思いやり、利他の心がある人です。自分のものさしだけで捉えるのではなく、どれだけ相手のことを思えるかということです。先ほどお伝えしたとおり、私たちは「笑顔創造」を経営理念に掲げています。相手の笑顔のために考えて行動ができる方と一緒にお仕事したいですね。

──ライオンハートの今後の展望をお聞かせください。
目指している組織のイメージとして、「モンスターファーム構想」というものを掲げています。経営者、社員を含め全員を「モンスター」と呼び、ちょっと変わっている人や、こだわりが強い人、ある特定の能力がすごく高い人などを集めて興味深い会社になっていきたいという構想です。個性が強いモンスターたちも、「笑顔創造」の思いがあれば最大限能力を発揮できる組織がつくれると信じています。また、面白いモンスターが集まることで「ライオンハートにお願いをすれば、なにか面白いことをしてくれそう」と思ってもらえるようになりたいです。

──最後に、応募を考えている読者の方へメッセージをお願いします。
ちょっと話を聞いてみたい、質問をしてみたいという面談も大歓迎です。お互いを知ることに、良いも悪いも、効率も非効率もありません。大げさかもしれないですが、採用には、会社の人生とあなたの人生、両方の命がかかっていると思っています。何よりも人を大事にしている会社だからこそ、入社後のミスマッチが起きてほしくない。だから当社に聞かれてだめなことは一切ありませんし、なんでもお答えします。少しでも当社に興味をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽にご応募ください。

──お客さまのことも仲間のことも、とても大切にされている社風が伝わりました。笑顔創造の思いがあるから、クライアントの伴走者として面白い挑戦をし続けられるのだと思いました。今後どのようなモンスターが誕生していくのか楽しみです。本日はお話しいただきありがとうございました!

※2020年12月に取材した内容を掲載しています。