広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職ノウハウ > 東京から東海地方へ!移住転職を成功させるポイントとは

東京から東海地方へ!移住転職を成功させるポイントとは

ノウハウ

<東京と比べてみました>東海における広告・マーケティング・クリエイティブ職種で働くメリット

移住転職をスムーズに進めるためには、就業希望先の情報をしっかりと収集することが大切です。ここでは、東京と比べたときに、東海で働くメリットを広告・マーケティング・クリエイティブの職種に絞って解説します。さらに、実際に転職した人の事例もご紹介します。

東海地方の企業の特徴

東海地方には、トヨタ自動車やそのグループ企業、三菱重工といった世界トップクラスの技術力を誇る、日本のものづくり産業を支えてきた企業が集約しています。広告業界としても、世界的な知名度を誇るBtoBメーカーとの取り引きが豊富で、広告宣伝、販促分野に携わるチャンスがあります。このようなメーカーとは、主にカタログや展示会といった販促案件で長期的な取り引きをしているケースが多く、東京の市場でよく発生する短いサイクルでのコンペは少ないのが特徴です。落ち着いた労働環境で、まさしく「企業のマーケティングパートナー」として深く関わることができます。
 
また、その他のクライアントとしては、不動産、流通、学校、官公庁といった地方都市特有のクライアントもあります。
 
東海地方特有の特徴として、中規模の総合印刷会社が多いのもあげられます。社内にプランナーやデザイナーを擁していることが多く、社内で一貫したクリエイティブを提供できるというメリットもあります。
 

東海地方で働く!仕事のやりがい

東海地方の広告業界としては、誰しもが知るビックネームのクライアントとの付き合いがある点です。また、業界を問わず中小企業でも、大手クライアントと直で親密な関係を築いている企業も多く、コーポレートブランディングのような影響力の大きな仕事に携わるチャンスがあります。
 
また、東京と比べて東海地域全般として、デジタルマーケティングの伸びしろが非常にあります。昨今の時流として、デジタルマーケティングの導入は事業会社にとって必須となっていますが、東京ほど体制が整っていない事業会社が多いのが現状です。

東京でWeb広告、サイト運営・分析、SNS運用といったデジタルマーケティング領域の経験を積んだ人材は、広告業界のみならず一般企業のインハウスとして非常に重宝され、企業も必要としています。そのため、東海地域では、事業会社のデジタルマーケティング担当の求人が多く発生しています。中には、事業会社のデジタルマーケティング部を立ち上げるポジションもあるため、ゼロから組織をつくりあげる大変やりがいのある仕事ができるチャンスが東海地域にはあります。

東海地方で暮らす! 東京と東海地方の年収・生活水準比較

◆広告業界における平均年収

※マスメディアン調べ(2018年)

東京から東海の企業へ転職を希望する場合、年収がダウンすることも想定しておきましょう。しかしながら、家賃の相場は東京と比べると大幅に下がるため、生活水準をキープしながら、新生活をスタートした方も少なくありません。

※総務省統計局「小売物価統計調査(同行編)結果」(2017年)より算出


 

転職成功事例

◆東京で培ったコピーライター経験を地元で発揮したいと名古屋へUターン転職―Hさん(女性・30代前半)
<転職前>業種:グラフィック制作会社/職種:コピーライター
<転職後>業種:総合広告会社/職種:コピーライター
 詳細はこちら>>
 
◆結婚を機に、東京から名古屋へIターン転職 ― Nさん(女性・30代後半)
<転職前>業種:外資系広告会社/職種:営業
<転職後>業種:一般企業(メーカー)/職種:販促担当
詳細はこちら>>


さらに詳しい東海の情報を知りたい方、東海へのUターン・Iターンを検討している方、東海勤務の広告・クリエイティブ求人に興味がある方は、ぜひこちらのイベントにお越しください!



東海の転職市場や広告・クリエイティブ業界に精通したキャリアコンサルタントが、個別に相談を承ります。さらにご希望の方には、実際の求人をご紹介いたします。