広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職ノウハウ > 福岡へUターン・Iターン転職するメリット

福岡へUターン・Iターン転職するメリット

ノウハウ

<東京と比べてみました>福岡における広告・マーケティング・クリエイティブ職種で働くメリット

Uターン・Iターン転職をスムーズに進めるためには、就業希望先の情報をしっかりと収集することが大切です。ここでは、東京と比べたときに、福岡で働くメリットを広告・マーケティング・クリエイティブの職種に絞って解説します。さらに、実際に転職した人の事例もご紹介します。

九州・福岡の企業の特徴

福岡の企業が国際的なイベントを手がけたり、九州各地の自治体が発信しているPR動画がSNSを中心に全国的な注目を集めたり、今、九州のクリエイティブ市場は非常に活気づいています。

Web・IT関連の市場も非常に勢いを増しています。大手IT企業やメガベンチャーが相次いで福岡へと進出しているほか、ゲーム会社も多く存在しています。加えて、福岡市は国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されており、その取り組みの一環として「福岡市スタートアップカフェ」を運営。起業をサポートするべく、専門家が相談を承ったり、同じ志を持つ仲間との出会いの場を創出したり、スタートアップ企業の活発化に一役買っており、新進気鋭の企業が集まる地域でもあります。

食文化が豊かな福岡は、地場に本社を構え、全国的に知名度のある食品メーカーや飲食チェーンも多く、福岡にいながら全国、そして海外へと発信できる仕事に携われるチャンスがあります。また、福岡に本社がある通販企業が多いというのも特徴です。そのため、マスメディアンでも一般企業の販促・マーケティング職の求人を多く取り扱っています。これまで広告会社やSP会社などで培った販促領域の経験・スキルを活かして、一般企業で働きたいという志向の方が活躍できるフィールドも福岡には豊富にあります。

福岡で働く! 仕事のやりがい

関東圏では、大型プロジェクトが多いため、業務が分業化されている傾向があります。対して、福岡は、組織の規模が小さい企業が多いため、一人一人が携わる業務の範囲が広くなります。そのため、これまで培ったスキルを活かしながらも、新しい業務領域にもチャレンジしてみたいという志向の方には、自分自身のスキルの幅を広げられるチャンスがあります。また、社内外の決裁者との距離も近いため、経営層の声をダイレクトに取り入れながら、アウトプットができるというやりがいもあります。

福岡で暮らす! 東京と福岡の年収・生活水準比較

◆広告業界における平均年収

※マスメディアン調べ(2018年)

東京から福岡の企業へ転職を希望する場合、年収がダウンすることも想定しておきましょう。しかしながら、家賃の相場は東京と比べると大幅に下がるため、生活水準をキープしながら、新生活をスタートした方も少なくありません。

※総務省統計局「小売物価統計調査(同行編)結果」(2017年)より算出

◆福岡は総合的な物価も低い!

52都市の平均を100円としたときの金額
(52都市:都道府県庁所在地および政令指定都市)





※総務省「小売物価統計調査」平成29年大都市の消費者物価地域差指数

転職成功事例

◆福岡へのUターンでデザイナーからアートディレクターへキャリアアップーKさん(男性・30代前半)
<転職前>業種:外資系広告会社/職種:グラフィックデザイナー
<転職後>業種:総合広告会社/職種:アートディレクター
>>詳細はこちら


◆豊富な販促経験を活かして東京から福岡へUターン転職ーHさん(女性・30代前半)
<転職前>業種:一般企業/職種:販促担当
<転職後>業種:一般企業/職種:Webマーケティング
>>詳細はこちら


さらに詳しい福岡の情報を知りたい方、福岡へのUターン・Iターンを検討している方、福岡勤務の広告・クリエイティブ求人に興味がある方は、ぜひこちらのイベントにお越しください!



福岡の転職市場や広告・クリエイティブ業界に精通したキャリアコンサルタントが、個別に相談を承ります。さらにご希望の方には、実際の求人をご紹介いたします。