アートディレクターの求人・転職

検索条件

条件を変更する

職種
勤務地
業種
雇用形態
年収
年収 万円以上
こだわり
キーワード
新着

検索結果

  • 求人情報
  • おすすめセミナー

あなたにおすすめのセミナーをピックアップ!

有名クリエイターをお招きしたセミナーや転職ノウハウセミナーを開催中。今はまだ転職を考えていないけど、いつかは転職したいと思っている方は、専門のコンサルタントが1対1でおこなう個別相談会もおすすめです。参加費はすべて無料。お気軽にご参加ください。

受付中 スキルアップセミナー 金沢 

【金沢】デザイナーの転職に!作品集の作り方とプレゼンテーション・面接対策セミナー

2017年2月22日(水) ・3月8日(水)19:30~21:00(19:15開場)※いずれかの日程をお選びください。

マスメディアンでは、デザイナー職で転職活動をスタートしたい方に向けて
作品集のつくり方とプレゼンテーションのポイント、面接ノウハウを解説するセミナーを開催します。
マスメディアンから転職に成功されたデザイナーのご好意により、
実際のポートフォリオも公開させていただきます。
クリエイターの採用において作品集は重要な選考ポイントになります。
プロが見たときに、スキルやセンスを最大限に伝えられる作品集をつくることが 転職成功へのカギとなります。
デザイナーの転職で必要なノウハウを90分で習得していただけるセミナーです。
ぜひ転職活動に役立てて下さい!

受付中 個別相談会 東京 

【東京】未経験からデザイナーを目指す!【マスナビデザイナーズ】登録・相談会

▼平日▼
8:30/9:30/10:00/11:00/13:30/15:00/16:30/18:00/19:30/20:00

▼土・日・祝日▼
10:00/11:30/13:30/15:00/16:30

※所要時間は約1時間~1時間30分。ご希望の日程にてご調整させていただきます。

マスメディアンでは、グラフィックデザイナーやWebデザイナーを目指す第二新卒の方を対象とした【マスナビデザイナーズ】というサービスを展開しています。 具体的な、【マスナビデザイナーズ】のサービスは? ●未経験の方を対象にしたデザイナー求人のご紹介 ●デザイナーになるための就職・転職に関するアドバイス ●ポートフォリオ(作品)に関するアドバイス ●採用面接の対策やアドバイス など グラフィックデザイナーやWebデザイナーなど、広告関連のデザイナーにどうしてもなりたいと思っている方は、ぜひ、「【マスナビデザイナーズ】登録・相談会」へご参加ください。

受付中 個別相談会 東京 

【東京】デザイナー・クリエイターのための 『派遣登録会』~時短、週4日以下、残業少などの求人を紹介~

▼平日▼
8:30/9:30/10:00/11:00/13:30/15:00/16:30/18:00/19:30/20:00

▼土・日・祝日▼
10:00/11:30/13:30/15:00/16:30

※所要時間は約1時間~1時間30分。ご希望の日程にてご調整させていただきます。

「派遣」での就業をご検討中の方を対象に『派遣登録会』を開催いたします。キャリアコンサルタントとの1対1の面談になりますので、お気軽にご相談いただけます。残業少なめ、時短勤務OK、週3日~勤務OKなどの仕事と家庭を両立しやすい、クリエイター向けの案件の取り扱いもございます。ぜひ、この機会にご参加ください。

受付中 個別相談会 東京 

【東京】今後のキャリアを考える、『女性のための働き方相談会』

▼平日▼
8:30/9:30/10:00/11:00/13:30/15:00/16:30/18:00/19:30/20:00

▼土・日・祝日▼
10:00/11:30/13:30/15:00/16:30

※所要時間は約1時間~1時間30分。ご希望の日程にてご調整させていただきます。

女性のキャリアは、家事や育児、介護、その他さまざまな理由から、男性より影響を受けることがあると思います。 そこで、広告・Web業界で働く女性のための働き方相談会を開催します。今後のキャリアや方向性を一緒に検討していきましょう。

(無料)転職支援サービス新規お申し込み

私たちには、極秘の特命求人があります

これまでの実績とネットワークにより、人事からの依頼だけではなく、経営者や部門責任者から直接人材に関するご相談をいただいております。極秘・非公開の特命依頼を受けることもしばしばあります。

アートディレクターは、広告のビジュアル表現を統括する立場にある。広告主との打ち合わせ、広告表現の企画立案、コピーライターやデザイナーなどで構成される制作チームの指揮、予算やスケジュール管理などが主な仕事。通称AD。消費者の嗜好や流行など、時代のトレンドを常にキャッチし、デザインに反映させていく能力が求められる。一人前のアートディレクターとして認められるようになるには、デザインの経験を積み、表現の企画立案や広告主との折衝ができるようにならなければならない。また、CMやポスターのロケ地を決めたり、モデルのオーディションをしたり、ビジュアルのイメージを撮るのにふさわしいカメラマンを選んだりと、幅広い業務の遂行能力とプレゼンテーション能力、大勢のスタッフを束ねる調整能力も必要になる。アートディレクターには、広告会社に所属する場合と、制作会社に所属する場合、フリーランスの場合がある。広告会社のアートディレクターは、社内の営業担当者が受注した仕事を、制作会社のデザイナーとチームを組んで取り組むことが多い。一方で、制作会社のアートディレクターは、広告主や広告会社の営業担当者から直接発注を受け、社内のデザイナーを指揮しながら仕事を進めていく。どちらの場合も、アートディレクターとしての仕事の内容や役割は変わらないが、担当するクライアントやキャンペーンの規模の違いによって、仕事の範囲が変わってくる。

同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視する採用ポイントは異なります。企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、4万人を超える転職支援実績から培った広告・Web・マスコミ職種専門の転職ノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークがあればこそ。企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなど、マスメディアンならではの情報をお伝えします。