広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職ノウハウ > 30代の転職で成功するためのポイント

30代の転職で成功するためのポイント

キャリアアップ

20代と比べて30代での転職はどの様な違いがあるかを意識したことはありますか? どうすれば成功できるのでしょうか。今、転職を考えている30代の方に向けて、「成功するためのノウハウ」をご紹介します。

30代の転職は難しい?

30代を対象とした求人の数は決して少なくはありません。「35歳転職限界説」という言葉が以前はささやかれていましたが、現在は、転職を成功する30代はどんどん増えてきています。しかし、一方で30代の転職は20代にはない難しさがあります。
 
転職活動で大切なことは、採用する企業が30代の転職希望者に何を求めているかを理解することです。20代の人材を採用する場合、企業は経験やスキルよりもポテンシャルを重視する傾向があります。対して、30代の人材を採用する場合、企業は、経験やスキルを重視します。つまり、即戦力としての入社を期待されているのです。企業が求めるポジションやポストにマッチするかどうかを選考では見られます。それは、業務に対応できるスキルだけでなく、マネジメント能力やリーダーシップなども必要になります。このように、20代の転職よりも求められるものは多く、採用基準も高いです。これが、30代での転職は難しいといわれる理由です。

30代の転職における注意すべきポイント

上記を踏まえて、30代で転職をするときに注意すべきポイントを考えてみましょう。
 
条件にこだわりすぎてしまう
転職活動では、誰でも前職より良い条件で転職したいと考えるでしょう。給与・待遇面や仕事内容、勤務地、会社規模など、条件はさまざまです。しかし、これらすべての条件にこだわるのは禁物です。どの条件をより良くしたいのかという優先順位をつけて、転職活動を行うことをおすすめします。何のために転職するかという目的を明確にすべきです。すべての条件をこだわり選択肢を減らしてしまうと、転職のチャンスが減ることもあるからです。
 
家族の理解を得る
年代に関わらず、転職活動において家族の理解を得ることは重要です。家庭の環境によって、転職先に求める条件は変わります。配偶者からの反対にあって内定した企業を辞退するという事例もあります。転職活動をする際に、家族とよく話し合うことで、転職活動もスムーズに進むでしょう。
 
転職理由が曖昧
漠然とした気持ちで転職活動を始めてしまうのも失敗要因になります。例えば、同僚がより良い条件の企業に転職して、自分も動いたほうが良いのではと焦ってしまうようなケースです。選考時に転職の理由やキャリアアップのプランを説明できなければ、面接官に良い印象は与えられません。30代であればなおさらしっかりした転職動機やキャリアへの考え方が求められます。
 
転職回数が多い
転職回数の多さは次の転職活動で不利になる場合もあります。面接官に「またすぐに会社を辞めてしまうのでは」と思われる可能性が高くなるためです。そのため転職は慎重に行う必要がありますが、やむを得ず転職回数が多くなってしまった場合もあります。その場合は、どのようにキャリアを積み重ねてきたかなど、相手が納得できる説明を用意しておく必要があるでしょう。

30代の転職を成功に導くには

では30代の転職を成功させるにはどうすれば良いのか、押さえておくべきポイントを説明します。
 
自己分析とキャリアの棚卸しを行う
30代だからこそ、自己分析とキャリアの棚卸しをしっかり丁寧に行う必要があります。転職理由、それと連動した今後のキャリアパス、得てきたスキルと経験、何ができるかというアピールポイントを明確にしましょう。大事なのは転職市場における自分の価値を客観的に分析することです。
 
在職中に転職活動を行う
会社を辞めてから転職活動をするのはおすすめしません。活動が長期化するほど経済的に苦しくなり、焦りが出てきます。在職中にも転職活動はできます。応募先企業も理解してくれるのが一般的です。会社を辞めるのは転職先を決めてからにしましょう。
 
転職活動の長期化も覚悟する
在職中の転職活動は時間的な制限も考慮して、長期化することも視野に入れてじっくり取り組むべきです。ある程度、長いスパンで活動を続けることで、自分を評価し求めてくれる企業と出会う可能性が増えます。
 
これまでの経験だけに左右されない
即戦力を求められるといっても、これまでのやり方が正解というわけではありません。会社にはその会社なりのルールや常識があります。経験を、新しい環境に合わせてアレンジして活かすといった柔軟性も求められます。
 
以上のように、30代の転職では経験やスキルの棚卸しをするなどの事前準備が欠かせません。事前準備をしっかり行って、転職を成功させましょう。