広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職ノウハウ > 20代で未経験の業種・職種へ転職する方法

20代で未経験の業種・職種へ転職する方法

キャリアアップ

憧れの職業に就いたものの、理想としていた仕事内容と違う、さらなるステップアップを狙うといった理由から、転職を考えている20代の方も多いのではないでしょうか。終身雇用という昔からの常識は薄まりつつあり、今は転職をしながら理想の仕事を見つける人も少なくありません。しかしながら安易な気持ちで転職してしまうと、失敗してしまう恐れもあります。転職は、慎重に検討することが大切です。ここでは20代の、特に未経験の業種・職種への転職について注意点を説明します。

ポテンシャル採用で企業が求めること

20代の転職では、以前勤めていた会社での実績やスキルよりも、潜在的な能力や伸びしろなどを重視する場合もあります。特に20代前半の世代は第二新卒と呼ばれ、新卒採用に近い扱いになることもあります。そのため、全く経験のない業種や職種、興味のある分野へチャレンジする転職も成功する可能性が高く、新たなキャリアを築けます。
 
ポテンシャル採用で企業が求めることは、前職の実績やスキルレベルではなく、将来会社に必要な人材かどうかです。そのため、仕事に対する意欲や姿勢を重視する傾向が強くなります。業界研究をした上で、なぜこの業界を志望しているのか、その企業に将来どのように貢献できるのかをしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

どの業界を目指すべきか

どの業界を目指すべきかを吟味する上でのポイントをご紹介します。
 
将来性のある業界を目指す
求人の数は、景気と比例するといわれています。例えば、広告業界の中でも、インターネット広告は最も売上が伸びている分野であり、ポテンシャル採用の求人も多いです。自分自身の興味や関心に沿って志望業界を考えることも重要ですが、その業界や企業に将来性があるかも踏まえた上で企業を選ぶようにしましょう。
 
入社はゴールではなく、入社後の活躍や自己実現がゴール
未経験の分野へ転職をする際、その業界に憧れるあまり、入社することをゴールに転職活動をしがちです。しかし大切なのは入社してからどのようなキャリアを築くかです。その業種・職種に転職してから、5年後、10年後にどうなりたいのかを見据え、転職活動を行いましょう。キャリアプランがイメージできなかったら、その業界の人や第三者に相談することもおすすめです。
 

転職で注意すべきこと

以下の点に注意して、転職活動を行いましょう。
 
事前に入念に業界・職種・企業研究を行う
「なんとなくこの職に就きたい」という安易な気持ちで異業種へチャレンジするのは危険です。本当にその職種が自分に合っているのか、具体的にどのような業務を行うのか、メリットやリスクは何かなど、業界や職種、企業の研究を入念に行い、納得した上で転職を決めるようにしましょう。
 
安易に転職をしない
今働いている会社に不満があるからという理由で、安易に転職するのは危険です。転職をすることで今の不満は解消できるかも知れませんが、新たな不満が生じる可能性もあります。転職をするのであれば、たとえ不満があったとしても、ポジティブな理由、ステップアップや自己実現を理由に転職活動を行いましょう。
 
また、短期間で転職を繰り返していると、「長く勤めてくれるのか」「またすぐに辞めてしまうのではないか」というマイナスな印象を持たれてしまう可能性もあります。ご自分のキャリアプラン、なぜ現職を辞めて新たな業界を志望するのかを明確にしておきましょう。転職を繰り返すほど、ロジカルな転職理由が求められます。
 
やりたいことが現職で実現できないか改めて考える
なぜ、転職をするのか、改めて考えてみましょう。現在の会社・職種で積める経験や今後のキャリア像を鑑みて、現職に留まって働くという選択肢もあります。会社に働きかけることで労働環境が改善されることもあるかもしれません。あらゆる選択肢を、もう一度考慮してみましょう。
 

もし転職に迷っているのであれば、第三者に相談してみるのも良いかもしれません。マスメディアンでは、業界特化のキャリアコンサルタントが、転職することを前提としない相談も承っています。

ご相談はこちらから