広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム転職ノウハウ > ベンチャー企業で働くメリット・デメリット

ベンチャー企業で働くメリット・デメリット

ベンチャー企業

ベンチャー企業は将来大きく成長する可能性があります。そのため、ベンチャー企業へ転職したいと思う方も多いでしょう。そこで、ベンチャー企業について、メリットや転職体験談、転職で失敗しないためのポイントなどを紹介しますので参考にしてみてください。

ベンチャー企業とはどのようなもの?

ベンチャー企業とは革新的アイデアや新技術で、新しいサービスを提供する企業のことです。大企業や中小企業という名称は会社の規模を意味しており、従業員数や資本金額の定義に基づいて、大企業や中小企業と表現していますが、ベンチャー企業にはこのような定義は存在しません。ベンチャー企業の規模自体は中小企業並の場合が多く、その多くは成長過程でもあります。また、投資機関から支援を受けていることが特徴です。

ベンチャー企業は新しいビジネスやサービスを育成している状態の企業のことであり、設立して間もない会社が多いことも特徴です。一緒に会社をつくっていけるような人で、行動力や創造力のある人材が求められるケースが多いです。

ベンチャー企業のメリットとは?

ベンチャー企業のメリットは「スピード感がある」「若い時から大きな仕事ができる」「経営者と距離が近く、仕事ぶりを参考にできる」「やりがいや達成感がある」「ビジネスの本質的能力や感覚を磨ける」などが挙げられます。それぞれのメリットを具体的に見ていきましょう。

ベンチャー企業では、スピード感がある企業が多いため、考えている企画をすぐに始めることができるでしょう。また、若い時から大きな仕事を任せてもらえるケースも多いので、能力が認められれば重要なポジションに着く可能性もあります。

また、経営者と距離が近いのもメリットになるでしょう。大企業では経営者と会う機会があまり多くありません。よって、意思疎通が不十分になることもあります。ベンチャー企業であれば、経営者と会話をする機会が多く、その仕事ぶりも参考にできます。

何もない状態から商品やサービスをつくるため、やりがいや完成した時の達成感を感じることもできるでしょう。

そして、社員数が少ない場合は、社員一人に対して任せる役割や業務が多くなる傾向があり、さまざまな業務を経験することができます。そのため、ビジネスの本質的能力や感覚が磨けるのもメリットです。

ベンチャー企業のデメリットは?

反対に、ベンチャー企業のデメリットは経営状態が良いとは限らないということが挙げられます。この場合、給与や労働環境が安定せず、休みの日も働くことになる場合も多いです。

なぜなら、ベンチャー企業は組織としては、まだ完成していない側面も持つため、自分たちで整備していかないといけないからです。よって、ベンチャー企業に向いている人とは、自発的に働ける人や夢を追える人になります。一方で、完成された仕組みの中で働くことを望む人や安定した労働環境を求める場合はベンチャー企業に向いていません。

ベンチャー企業への転職! 成功体験談・失敗体験談

ベンチャー企業へ転職して成功した体験談を、2例ご紹介します。

まず、「ベンチャー企業未経験でも活かせるスキルの評価をしてもらえた」という男性の話です。大学を卒業後、コンサルティングファームで働き、大手企業のマーケティング業務の推進や小売流通業の事業立て直しなどをしていました。ベンチャー企業での就業は未経験でしたがスキル面で評価され、ビジョンに共感したベンチャー企業への転職が成功したのです。

次に「仕事を評価され、年収が大幅に上がった」という男性は、それまでは大企業で数年働いていました。しかし、似た経歴を持つ友人がベンチャー企業へ転職し、年収が上がったことや仕事に前向きな様子を見て転職を決意したのです。転職直後の年収は変わらなかったのですが、1年目での仕事が評価され、翌年以降の年収が大幅に上がりました。

つぎに、ベンチャー企業へ転職して失敗した体験談を、2例ご紹介します。

まず、「社長と意見が合わない」と感じた男性の話です。社長と自身の意見が合わず、社長の意見のみしか採用されませんでした。他にも社長の雰囲気や行動にも賛同できず、転職に失敗したと思ったのです。

「毎日残業があるのに、残業代の支給がなかった」という失敗をした人もいます。面接時に聞いていた労働条件と仕事内容が異なっており、毎日残業をしなくてはならない状況でも、経営状態は安定していないので残業時間をタイムカードにつけることが許されなかったのです。仕事内容は多いのに、残業代の支払いはなく転職に失敗してしまいました。

ベンチャー企業への転職で叶う願望と叶わない願望

ベンチャー企業へ転職すると「年収アップも含めて、頑張っていることを評価してほしい」という願望を叶えられる可能性があります。今までのスキルや経験を評価してくれて、経営状態によっては年収が大幅に上がることもあるでしょう。「自分の意見も通したい」、「さまざまな仕事に携わりたい」などの願望も、大企業よりも規模が小さいため自分の意見や企画も通りやすく、その可能性もあるでしょう。構成する社員も比較的若い人物が多いので「若い時から出世したい」という願望もかないやすいです。

しかし、叶わない願望があることも抑えておかなければなりません。例えば、「スタート年収のアップ」です。最初から年収の高さはあまり見込めません。経営状況が良ければ、仕事ぶりを評価されて上がっていきます。「安定した企業で働きたい」という願望も、労働環境が不安定な場合もあり難しいでしょう。また、仕事内容が多いので「残業や休日出勤はしたくない」という願望も叶いにくいです。

ベンチャー企業へ転職する際に、失敗しないポイント

ベンチャー企業へ転職する際に失敗しないためには、「面白いと感じただけでは、判断しない」「事前に現場の様子を見学する」「面接の情報だけを鵜呑みにしない」ことがポイントです。

ベンチャー企業の仕事内容を見て、面白いと感じることもあるでしょう。興味を持ったことは仕事としてできると思いがちですが、会社の実績や今後会社が継続的に成長しそうかなど現実的なことも判断材料にするようにしましょう。また、働いている時の様子を見学するようにしましょう。大企業と働き方が変わる可能性もあるので、自分が働いている姿を想像できるか考えてみることも必要だからです。さらに、労働環境についても面接時や転職エージェントに聞いておくことも大切です。

ベンチャー企業には多くのメリットがあります。新しいことに挑戦でき、やりがいや達成感のある仕事ができる可能性が高くなります。しかし、ベンチャー企業に転職して成功した事例だけを参考にするのではなく、失敗事例も参考にすると良いでしょう。それぞれの特徴を理解し、ベンチャー企業が自分に合うのかを判断することが大切です。