TDK、ブランディングの新たな拠点としてバーチャル実験室をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業・人事

総合電子部品メーカーであるTDKは5月26日、同社のWebサイト上にバーチャル実験室「TDK Attracting Tomorrow Lab」を立ち上げた。


「浮かせてみた」

このバーチャル実験室は、今はまだ存在しないものへの「想像」と「創造」を試す場としてプロジェクト活動を行っていく。第一弾はメディアアーティストであり筑波大学の助教授である落合陽一さんと身近な物を浮かす浮揚実験を実施した。

実験の様子はWebサイト上に動画で公開されており、制作を担当したアサツー ディ・ケイの山本武志さんは「浮かぶと不思議なものが『実際に浮くこと』、そこに少しだけストーリーがあり、テクノロジーの楽しさをシンプルに感じてもらえるよう制作しました」と話す。



「たまご」篇

動画内ではTDKの強みである磁性技術を使って、落合さんがたまごやりんご、ケーキなどを浮かせる実験の様子が描かれており、成功に至るまでの過程も見ることができる。

今回の取り組みは、ブランドコミュニケーションを継続的に活性化させることが目的で、コミュニケーションメッセージ“Attracting Tomorrow”をテーマとした企業ブランディング活動の一環でとなる。テクノロジーを駆使して新しいモノや表現の可能性を探り、「未来を少しだけカタチにすること」がコンセプトになっている。

STAFF
「たまご」篇 「りんご」篇 「ケーキ」篇
企画制作:アサツー ディ・ケイ+AOI Pro.、
CD:山本武志、C:松元篤史、企画:大塚智、CPR:瀬尾哲、PR:山野義明、PM:中島秀晃、演出:長嶺秀俊、撮影:橋本太郎、照明:菊池直輔、美術:酒井大介、編集:長嶺秀俊+深沢磨央、音楽:山下雄太、AP:藤田剛+本多眞孝、出演:落合陽一
 

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター  



(ブレーン 編集部/宣伝会議 AdverTimes)