ドイツ・CeBITにMIKIKO・菅野・真鍋らクリエイターが集結、日本のパフォーマンスを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イベント

3月20日から24日にドイツ・ハノーバーで、約22万人が参加する世界最大級のテクノロジーエキスポ「CeBIT」が開催される。今年、日本は初めてCeBITのパートナーカントリーに選ばれ、大規模なジャパン・パビリオンを展開。ここには、日本から118社・団体が出展する。




そして開催に先立つ3月19日夜(現地時間)、世界中の政財界のトップ約2000名が出席するオープニングセレモニーで、日本のテクノロジーに対する考え方を伝えるスペシャルパフォーマンス披露される。

パフォーマンスのクリエイションを手がけるのは、総合演出・振付のMIKIKO氏、電通クリエーティブディレクター 菅野薫氏、そして真鍋大度氏と石橋素氏率いるRhizomatiks Researchのメンバーを中心に、国内外の若いクリエイターたちだ。MIKIKO氏、菅野氏、眞鍋氏、石橋氏は、昨年話題を集めたリオ五輪フラッグハンドオーバーのクリエイションも手がけている。

テーマは「テクノロジーと人の関係」。パフォーマンスには、俳優として知られる森山未來、そしてダンスカンパニーELEVENPLAYのNON、篠原沙弥、脇坂江梨沙、安川香が登場する。

また、音楽には小山田圭吾(Cornelius)、evala、SEIHOと日本で最先端をいくアーティストたちのほか、メディアアーティストとしてアートシーンでも注目されるカールステン・ニコライが参加している。

今回のショーアクトの実現に向けては、セイコーエプソン(プロジェクター)、ファナック(ロボットアーム)、コニカミノルタ(フレキシブル有機EL)、NTTドコモ(生体データ通信テクノロジー)など、日本企業による技術協力も行われている。

オープニングセレモニー・ジャパンショーアクトの模様は、WEBサイト(cebit2017-showact.jp)にて、3月20日午前3時半頃(日本時間)よりライブストリーミングされる(Janan Show Actは日本時間:午前4時頃を予定)。
また3月20日以降も、同サイトにて詳細解説と共にアーカイブ配信される予定だ。


■スタッフ
総合演出+振付:IKIKO、クリエーティブディレクター:菅野薫、コピーライター、プランナー:保持壮太郎、アートディレクター:上西祐理、チーフテクニカルディレクター・プログラマー・サウンドデザイナー・音楽プロデューサー(パフォーマンスパート):真鍋大度、チーフテクニカルディレクター・ハードウェアエンジニア:石橋素、ディレクター・ビジュアルプログラマー:田中陽、インタラクションデザイナー・ハードウェアエンジニア:柳澤知明、ディレクター・ビジュアルプログラマー:花井裕也、ディレクター・ビジュアルプログラマー:堀井哲史、ムービーディレクター(オープニング映像):辻川幸一郎、コスチュームデザイン(森山未來):落合宏理、コスチュームデザイン(女性パフォーマー):Yaepon、音楽(オープニング映像):Cornelius (小山田圭吾)、音楽(ステージパフォーマンス):evala、SEIHO、音楽:カールステン・ニコライ aka アルヴァ・ノト
 
■協力企業
セイコーエプソン:EPSON EB-L25000U
ファナック:FANUC Robot M-20iB/25
コニカミノルタ:Flexible OLED lighting
NTTドコモ:hitoeトランスミッター01、hitoeトランスミッターSDK、デバイスWebAPI

 

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター



(ブレーン 編集部/宣伝会議 AdverTimes)