広告・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

広告・マスコミ 求人・転職ホーム特集 > クライアント視点で課題を解決する─ヴェネクト株式会社

クライアント視点で課題を解決する─ヴェネクト株式会社

企業特集

海外の大手広告会社グループの一員としてスタートし、さらなる発展のため2019年4月に社名も新たに再出発したVENECT。今回は同社のクリエイティブディレクターの大石橋智さんにお話を伺いました。見えてきたのはクライアントの本質的な課題解決に対し真摯に向き合う姿でした(マスメディアン編集部)。

──まずVENECTはどのような事業を行っているのか教えていただけますか?
さまざまなデータを活用し、オンラインオフラインに関わらずマーケティングの一番重要な戦略の立案から、施策の設計・実行まで一気通貫して支援させていただいているマーケティングエージェンシーです。生活者の徹底理解を武器にした根拠のある提案力が強みだと思います。

──マーケティング戦略など上流部分から携わっているのですね。その中で大石橋さんはクリエイティブディレクターとしてどのような業務をされていらっしゃるのでしょうか?
クリエイティブディレクターとして、クライアントのビジネス課題を解決すべく、マーケティング戦略の策定などの上流から参画させていただいているので、いわばストラテジックプランナーのような動き方も兼任しています。

VENECTでは「クライアントファースト」という考え方を大切にしています。これはクライアントからの要望をそのまま叶えるということではなく、クライアントにとっての本質的な課題に立ち返って、そこから一緒に解決策を考えていくということです。このため案件に関わるメンバーは、例えばデザイナーであっても、プロジェクトの全体像を知った上でのアウトプットが出せるように、戦略立案やプランニングの段階から関わってもらっています。

具体的な仕事内容としては、マーケティング領域のクライアント事業に関わる話を社内外の制作スタッフにも理解できるように翻訳していくようなイメージに近いです。実施の段階では、さまざまなパートナーと一緒に制作を進めることが大半となります。もちろん、つくって終わりではなく、そこから改善点を見つけて、次へつなげていきます。私個人としては、戦略だけでなく、クリエイティブにも強いエージェンシーと認識していただける会社でありたいという思いをもって、日々業務に携わっています。

──クリエイティブの枠を超えてさまざまな役割をされているのですね。これらの仕事をこなしていく中で、特に記憶に残っている案件はありますか?
どの案件も思い入れがありますが、ひときわ印象に残っているのは大手国内メーカーで担当した案件です。その会社が協賛していた大型ファッションイベントがあったのですが、まず、イベントが始まる前からデジタル上にイベント関連のコンテンツをつくったんです。ターゲット世代からの共感を得られるようなドキュメンタリー動画を毎週配信していき、動画を視聴した人がWeb上でどういった動きをしているのか追跡しました。加えて、イベント会場において位置情報を取得し、広告接触者の行動データを取りました。それらを照らし合わせることで、デジタルからリアルまで一気通貫したデータ分析に挑みました。当時としては先進的な試みだったのでやってみないとわからないことも多く大変でしたが(笑)。

──それをどう乗り越えていったのですか?
案件メンバー全員であらゆる可能性を試みて、どうしたらこの案件に適応できるかを、パートナーとの協力体制を構築しながら探っていきました。

──案件ごとにチームを組んで対応していくとお伺いしているのですが、やはりデジタル出身のメンバーが多いのでしょうか?
バックグラウンドは多種多様ですね。一貫してデジタルをやっていた人は少数で、SPやコンサルなどの他業種で、ある程度プロフェッショナルとして活躍していた人がほとんどです。と言うのも、そういった業種では限られた手法での提案しかできず、領域が限定されていることにもどかしさを感じてしまうと思うんです。VENECTは、クライアント・ブランドごとにオーダーメイド型で本当に必要な施策を、データを基にして考えていきます。極端な言い方をすると提案パターンは無限大です。経験を活かして、クライアントの本質的な課題を解決するという、前職では超えられなかった壁を打破するために、VENECTを選んで入社する人が多いです。

ヴェネクト株式会社
クリエイティブディレクター
大石橋智さん

──ご自身のスキルアップを目指されている方が多いのですね。会社として教育には力を入れているのですか?
我々が普段接するのは、ブランドマネージャークラスの人が多く、彼らと共通の言語を持って対等に会話をしていく必要がありますし、専門的なマーケティング目線も欠かせません。
そのためにも、例えば著名なCMOクラスの方を講師としてお招きしてマーケティングの概念について基礎からお話いただいたり、パートナー企業と合同で勉強会を開催したりと、学びの機会は充実しています。今期からはさらに内容を充実させて教育体制の強化を図っていて、クライアントと同じ目線に立ち、最終的なアウトプットまで自分でコントロールできる視野の広い人材の育成に力を入れています。

それぞれが築いてきた経験値にマーケティングのスキルをプラスすることで、もとから持っている能力も際立ちますし、クライアントコミットにも直結できると考えています。自主的に学ぶ姿勢が何よりも大切だとは思いますが、会社側からの積極的なサポートは新入社員の方には心強い体制なのではないでしょうか。

──全員がこれまでの経験で培った能力を活かしつつ、上流であり、中核であるマーケティング戦略から考えられる体制を目指しているのですね。最後に、VENECTを検討している人にメッセージをお願いします。
まず、今やっていることに自信を持ってもらいたいですね。それは絶対に当社で活かすことができます。そのうえで、「自分のやっていることは本当にクライアントのためになっているのか」という疑問を持ち、今いる環境に限界を感じてモヤモヤしている人は、VENECTと相性がいいです。チャレンジ精神を常に持ち、領域を自分で広げていきたいと考えている人は活躍できると思います。

──お話ありがとうございました。

※2019年5月に取材した内容を掲載しています。