「ジェンダーイコール」広告・メディア関係者が議論 外務省が12月にイベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イベント

外務省と東映エージエンシーは12月6日、広告・メディアの視点からジェンダーイコールについて考えるイベント「ジェンダーとコミュニケーション会議」を電通ホールで開催する。入場無料で、定員は300人(事前エントリー要、先着順)。

基調講演では、McCANN NEW YORK支社長のディヴィカ・ブルチャンダーニ氏が来日し登壇する。同社では2017年のカンヌライオンズで4部門のグランプリを獲得したキャンペーン「Fearless Girl」を手がけた。企画の背景とともに広告クリエイティブとジェンダーイコールについて語る。



このほか3つのセッションを通じて、企業(RIZAPグループ・松本晃代表取締役ら)、広告関連会社(電通、博報堂、アサツー ディ・ケイなど)、メディア(光文社『VERY』今尾朝子編集長、「ハフポスト日本版」竹下隆一郎編集長、NHK『あさイチ』坪井健人デスクら)の関係者らが登壇。国連が推進する SDGs(持続可能な開発目標) の 17 の目標のひとつでもある「ジェンダーイコール社会実現」に向け、広告・メディアの果たす役割を議論する。

(2018.11.8 広報会議 編集部/宣伝会議 AdverTimes)