仲條正義ら10人のクリエイターが、LEDで光の画を描いた作品を展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリエイティブ

11月7日より、東京・白金にあるデザインユニット KIGIのお店、OUR FAVOURITE SHOP 内、OFS galleryにて『光画展 コウガテン RGB exhibition』が開催される。



本展は、PAPER DESIGN PROJECT BRAND「pages」による活動。本プロジェクトでは、紙の豊かさを大切に、マテリアルの新しい可能性を、新しい技術や手法によって見つけ出すことを目的としている。

今回は、さまざまな分野で活躍するクリエイターがSILVER NANO INK(電気が通るインク)が刷られているダンボールのキャンバス回路上にLEDで光の画を描いている。
参加クリエイターは、阿南圭吾、大西景太、岡室健、小杉幸一、小山泰介、タナカヒロカズ、セミトランスペアレントデザイン・田中良治、仲條正義、前田エマ、三船雅也。グラフィックデザイナー、アートディレクター、写真家、音楽家など多彩な顔ぶれが揃う。
会期は、11月25日まで。

光画展 コウガテン RGB exhibition
会期:11月7日(水)〜11月25日(日)
会場:OFS Gallery (OUR FAVOURITE SHOP内)
時間:12時〜19時(最終日11月25日は17時まで)
定休:月・火定休(祝日を除く)

(2018.11.6 ブレーン 編集部/宣伝会議 AdverTimes)