【転職成功事例】地元・福岡へのUターンをきっかけに、制作会社から一般企業へのステップアップを実現―Fさん(男性・30代前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。地元・福岡へのUターンをきっかけに、制作会社から一般企業へのステップアップを実現したFさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:グラフィック制作会社 職種:コピーライター
新聞の企画記事広告をメインで担当し、企画からキャスティング、取材、ライティング、校正、入稿作業までを行い、幅広い業種のクライアント案件を手がける。広告のコピーライティング経験もあり。

<現職>業種:一般企業 職種:セールスライター
DM・チラシ・会報誌などの紙媒体やWebサイト内のコンテンツにおける、文章のライティング業務。企画・ラフ案作成からライティング、社内外のデザイナーのディレクション、チェックまでの一連を担う。

<転職成功の鍵>記事のライティングと広告のコピーライティング、双方の経験が評価!

前職では、広告会社から受ける仕事が多く、手がけた仕事の広告効果がわからない点にもどかしさを感じ、数字がよりダイレクトに把握できる広告主側での仕事がしたいと一般会社での就業を志望。配偶者の出身地である福岡を軸に企業を見るなかで、内定企業の業務が、これまでのライティング業務を生かしながらも、企画にも携わることができる点に魅力を感じる。企業からは、Fさんが記事のライティングと広告のコピーライティングの双方をこなせる点が評価される。セールスライターという仕事は、Fさんの前職の業務とは若干違っていたものの、選考途中で実施したライティングの実務テストの結果から、活躍できそうだと期待され入社に至る。前職では残業も多かったが、入社後は退社時間も早くなりワークライフバランスが整った働き方ができている。