スパイクスアジア2018、日本企業が関連する受賞は87点【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【前編】「スパイクスアジア2018、日本企業が関連する受賞は87点【前編】」はこちら

アジア地域最大級のクリエイティブフェスティバル「スパイクスアジア」が、9月26日~9月28日にシンガポールで開催された。26の国と地域から4056件の応募が集まり、本年度から設定されたグラス賞を含む21部門で受賞作品が発表された。
日本企業が関連する受賞は87点で、SIX、ライゾマティクス、コレオグラファーのMIKIKOさんによるコラボレーションで制作された製紙会社Double AとロックバンドOK GOのコラボレーション楽曲「OBSESSION FOR SMOOTHNESS」のミュージックビデオがデジタルクラフト部門でグランプリを受賞した。全体では、世界初の環境保護誓約である「Palau Pledge(パラオ誓約)」が最多5つ(デザイン/ダイレクト/インテグレーテッド/メディア/PR)のグランプリに選ばれている。

各部門グランプリと日本企業が関連する受賞作品


クライアント/ブランド「タイトル」(企画制作)

【グラス】
THE TIMES OF INDIA/NEWSPAPER「SINDOOR KHELA – NO CONDITIONS APPLY」(FCBULKA)



インドのタイムズ紙が「#NoConditionsApply」を掲げ、400年前の伝統に挑戦した。既婚女性の額にあるシンドゥール(朱色の点)は、宗教的に縁起がいい。一方で、シンドゥールがあることが既婚と未婚という軸での差別につながっていた。そこで、すべての女性が額に朱色の点を2つ着け、シンドゥールをつけた女性のみが参加する祭りに参加。400年ぶりに、女性が差別されることなく祭りを祝福した。

【グランプリ・フォー・グッド】
GO GENTLE AUSTRALIA/ASSISTED DYING「STOP THE HORROR」(REVOLVER/WILL O’ROURKE+CUMMINS & PARTNERS)



病床に伏せる男性のフィクションに基づいた6分のムービー。視聴者は見るに堪えなくなった場合に「STOP THE HORROR」のボタンでやめることができるが、ほとんどの場合3分もたなかった。主人公の男性は「STOP THE HORROR」できなかったというメッセージと共に、クリック後には安楽死に関する法案への支持表明への誘導が表示される。

【ヘルスケア】
グランプリ
MONASH UNIVERSITY「SIP SAFE」(Y&R ANZ)



SIP SAFEは、飲み物をかけ、麻薬が含まれていないかを調べることができるリストバンド。若者がフェスなどのイベントでリストバンドを身につけることに注目して開発された。スポンサー企業のロゴ掲載することで広告として機能する。

■日本企業が関連する受賞作品

シルバー
ロコモ チャレンジ!推進協議会/ロコモティブシンドローム「ロコモ チャレンジ!」(博報堂+ロコモ チャレンジ!推進協議会+ジェイ・ピーアール+オズマピーアール+AOI Pro.)



【イノベーション】
グランプリ
THE ALS ASSOCIATION「PROJECT REVOICE」
BWM DENTSU+HAYSTAC+LYREBIRD+FINCH+NAKATOMI+RUMBLE STUDIOS)

動画はこちら

筋萎縮性側索硬化症ALSでは、運動を司る神経細胞の機能が低下し、筋肉が動かしにくくなる。喉、舌などの筋肉にも症状が現れ、最終的にコミュニケーションは、目で文字盤を追う形に限定されてしまう。そうした現状に対して、このプロジェクトはAIを活用した音声のクローンプログラムを開発した。ALSで声を失った人の音声記録をもとに、AIが発話の特徴を認識し模倣する。

【インテグレーテッド】
グランプリ
PALAU LEGACY PROJECT「PALAU PLEDGE」(HOST/HAVAS+RED AGENCY)



太平洋の小さな島国パラオ。多くの観光客が訪れるこの島では、海にゴミをまき散らし、サンゴ礁を破壊し、保護種を密漁する行動が問題になっていた。そこで、パラオでは入国するすべての旅行者に、世界初の環境保護誓約である「Palau Pledge(パラオ誓約)」への署名を義務づけた。旅行者はパスポートに押されたスタンプの誓約文に自ら署名する。パラオ政府は、ルールを破る旅行者に対し、最大で100万ドルの罰金を科すことができる政策も議決した。誓約だけでなく、パラオのWebサイトや機内映像、ビジネス許可証や標識など、あらゆるものがリデザインされた。

■日本企業が関連する受賞作品

ブロンズ×2
マクドナルド/ベーコンポテトパイ「ヘーホンホヘホハイ」(BEACON/LEO BURNETT+TYO モンスター事業部)


 
【メディア】
グランプリ
PALAU LEGACY PROJECT「PALAU PLEDGE」(HOST/HAVAS+RED AGENCY)

 
■日本企業が関連する受賞作品
 
シルバー
ソフトバンク/Y!mobile「恋のはじまりは放課後のチャイムから」(博報堂+博報堂ケトル+マテリアル+AOI Pro.+BABEL LABEL+AID-DCC+TOW)
 
 
ブロンズ
スカパーJSAT×PIZZA OF DEATH RECORDS/HI-STANDARD『THE GIFT』「PLAY THE GIFT」(電通+電通クリエーティブX+D2C)
関連記事はこちら
 
【モバイル】
グランプリ
TENCENT「WE REMIT」(TENCENT+HAND IN HAND PRODUCTIONS)

 
中国のIT企業テンセントが提供する「We chat」が、香港で働く17万人のフィリピン出身のメイドが母国の家族に送金するサポートのために行った取り組み。オフラインでは5時間の待ち時間が発生していたが、We chatのプラットフォームを活用し、5秒でオンライン送金が可能になった。
 
【ミュージック】
グランプリ
MAX HEALTHCARE & MAX GROUP/MAX HEALTHCARE「#GIVEABEAT – A SONG FOR HEART DISEASE DRIVEN BY THE PERCUSSION OF HEARTBEATS」(PROPAGANDA INDIA+RAINBOW BRIDGE)

動画はこちら
 
先天性心疾患を抱えた人の心拍の音をビートとして、アーティストBrodha Vと作曲家のSanjeev Thomasがラップソングを制作。闘病を勇気づける内容のこの曲はWebサイトで公開され、人々は自らの心拍音を寄付できる。
 
■日本企業が関連する受賞作品
 
シルバー
スカパーJSAT×PIZZA OF DEATH RECORDS/HI-STANDARD『THE GIFT』「PLAY THE GIFT」(電通+電通クリエーティブX+D2C)
 
【アウトドア】
グランプリ
LION/STEINLAGER「FIGHT FOR TERRITORY」(DDB NEW ZEALAND)
 

ラグビーチーム オールブラックスのスポンサー、スタインラガーは、試合会場近くの空港の広告スペースを買い占め、そこでライバルのライオンズとファン同士が「陣取り合戦」で遊べるようにした。デジタルスクリーンのカメラがどちらのファンかを認識し、応援するチームの広告を表示した。
 
■日本企業が関連する受賞作品
 
ブロンズ
7-ELEVEN TAIWAN「RHYTHM OF LOVE WALL」(ADK TAIWAN+PARTY NY+BYE BYE WORLD+ 23 DESIGN+INNOCIRQUE+CHELUN OU FILM)



【PR】
グランプリ
PALAU LEGACY PROJECT「PALAU PLEDGE」(HOST/HAVAS+RED AGENCY)

■日本企業が関連する受賞作品

ゴールド ブロンズ
別府市/観光プロモーション「湯~園地計画」(電通+ドリル+キャッチボール+T&E 福岡)



シルバー
ロコモ チャレンジ!推進協議会/ロコモティブシンドローム「ロコモ チャレンジ!」(博報堂+ロコモ チャレンジ!推進協議会+ジェイ・ピーアール+オズマピーアール+AOI Pro.)

ブロンズ
AIG損害保険「PRIDE JERSEY」(TBWA\HAKUHODO)

ブロンズ
ケンタッキーフライドチキン「チキンの香り?の入浴剤」(ジオメトリー・グローバル・ジャパン+アサツー ディ・ケイ)



ブロンズ
宇宙航空研究開発機構/温室効果ガス観測技術衛星『いぶき』「未来レストラン いぶき|地球をみまもるプロジェクト」(アサツー ディ・ケイ)



【プリント&アウトドアクラフト】
グランプリ
該当なし

■日本企業が関連する受賞作品

ゴールド×6
東日本旅客鉄道/東北新幹線「行くぜ、東北。1/3/4」(電通+CREATIVE POWER UNIT+一倉広告制作所+COTORI-OFFICE+FUMIHITO KATAMURA PHOTOGRAPH OFFICE+横浜スーパーファクトリー)



【プリント&パブリッシング】
グランプリ
該当なし


【ラジオ&オーディオ】
グランプリ
該当なし

■日本企業が関連する受賞作品

シルバー
スターフライヤー「STAR CHORUS」(博報堂+太陽企画+INVISIBLE DESIGNS LAB)

【特別賞】
アドバタイザー・オブ・ザ・イヤー
マクドナルド

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー 3位
電通

スパイクス・パーム・アワード 2位
AOI Pro.

ネットワーク・オブ・ザ・イヤー 3位
電通

(2018.10.10 ブレーン 編集部/宣伝会議 AdverTimes)