【転職成功事例】デザイナーからアートディレクターへのキャリアアップを目指し、東京から福岡へUターン転職―Kさん(男性・30代前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。デザイナーからアートディレクターへのキャリアアップを目指して、東京から福岡へUターン転職したKさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:外資系広告会社 職種:グラフィックデザイナー
店頭POP、カタログ、パッケージなどの紙媒体を中心に、Web、映像など幅広い制作物を手がける。企画段階から携わることが多く、ディレクション業務も担っていた。

<現職>業種:総合広告会社 職種:アートディレクター
CM、新聞、雑誌などマス広告をはじめ、インターネット広告やイベントなどの幅広い媒体での企画提案を行う。ブランディング戦略にも携わる。

<転職成功の鍵>前職で手がけた作品のクオリティが高く評価

企画から携わる仕事をよりしていきたいとの思いから、デザイナーからアートディレクターへのステップアップを目指して転職活動を始める。いずれは出身である九州に戻りたいと考えていたところに、キャリアコンサルタントが福岡の求人を紹介したことがきっかけで内定企業の選考を受けることに。これまでの作品のクオリティが高く評価され内定に至る。前職では、グラフィックの制作が多かったが、転職によってテレビCMの案件も増えたりと、現在では携わる仕事の幅が広がり、これまで以上に充実感をもって業務に取り組んでいる。