【転職成功事例】営業のヒアリング能力が評価され、未経験からコピーライターへ―Kさん(女性・20代後半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。今回は、営業のヒアリング能力が評価され、未経験からコピーライターへ転職したKさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:化粧品メーカー 職種:営業
化粧品メーカーの営業。販売店への商品の提案や販売員のスキルやモチベーションアップのための施策提案、イベント開催などを行なう。

<現職>業種:総合制作会社 職種:コピーライター
コーポレート・コミュニケーションや大学広報を中心に、取材、コピー作成・ライティングなど、一連の案件を担当。課題の抽出からプランニング、プレゼンテーションまで総合的に関わる。

<転職成功の鍵>クライアントの意図をくみ取る姿勢が選考企業の理念とマッチング

東京から地元関西へのUターンを伴う、未経験からコピーライターへの転職。もともと外部の講座に通ったり、キャッチコピーの公募に積極的に応募するなど、自主的な活動を行っていた。キャリアコンサルタントのアドバイスで作品集をつくり、転職活動に臨む。企画の段階から携われることを条件に、7、8社ほどの制作会社を受ける。内定企業である制作会社は、クライアントとの直接取引の案件を多く手がけており、Kさんの前職での化粧品メーカーの営業経験から、クライアントの意図をくみ取ろうとする姿勢が評価につながった。Kさん自身も、内定企業のクライアントや社員を大事にする姿勢に共感し、入社を決定した。