【転職成功事例】東京でデザイナーとしての腕を磨き、30歳を機に金沢へUターン転職―Kさん(男性・30代前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。30歳を機に、東京から金沢へUターン転職したKさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:総合制作会社 職種:デザイナー
メインの制作物は店頭POP。社内でもその腕が認められていて、受賞歴もある。その他パンフレット、ポスター、雑誌広告、駅のOOHなどグラフィッククリエイティブ全般を経験。外注も使うが自分で手を動かすことも多い。

<現職>業種:総合制作会社 職種:デザイナー
アイデアブレストから参加し、0ベースのクリエイティブ企画・制作を担当。1人で案件を任されることも。グラフィック以外にもCMのコンテや、Webサイトのフレーム作成などさまざまな案件を手がけ、今までの経験を活かしながら、順調に仕事の幅を広げている。

<転職成功の鍵>計画的なUターン転職活動

東京でデザイナーとしての腕を磨き、30歳になったことを機に地元へUターン。広告会社・制作会社を中心に8社ほど転職活動を行う。東京に居ながらの転職活動だったため、できるだけ行き来が少ない回数で済むよう、キャリアコンサルタントが企業と相談しながら面接日程をまとめて調整した。内定企業である制作会社はもともとアートディレクターの下で手を動かすデザイナーのポジションを募集していたが、人員が抜けて忙しくなったタイミングが重なったこともあり、クライアント対応から企画、制作まで一貫して任せられるKさんの豊富な経験を高く評価した。Kさん自身も、今までの経験を活かせて、且つデザインの幅を広げられる仕事内容に魅力を感じ、入社を決定した。