「宣伝会議賞」ティザーサイトが公開に  グランプリ受賞者に聞く、応募者へのエール「受賞するコピーは、あなたの近くにある」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で第56回を迎える、キャッチフレーズやCM企画のアイデアを募る公募広告賞「宣伝会議賞」。8月1日にティザーサイトをオープンしました。ここでは第55回「宣伝会議賞」でグランプリを受賞した林 次郎さんに、「宣伝会議賞」を応募する皆さんへエールをいただきました。

受賞するコピーは、あなたの近くにある。
第55回「宣伝会議賞」でグランプリを受賞しました林 次郎と申します。
「宣伝会議賞」への応募をためらっている人へエールとなる記事を、と宣伝会議さんよりお話があり、書かせていただきました。
私がこの賞を知ったきっかけと、グランプリやシルバーのコピーは、あなたが書くのかもしれません、という話です。

手術着の男がコンビニにいます!
2010年8月に、足の手術のため入院をしました。手術は簡単なものでしたが、2日間は動いてはダメで、暇でした。動けるようになった3日目、もう嬉しくて、さっそく病院の1階にあるコンビニへ行きました。ドリンクコーナーから雑誌コーナーへ、そこで職員さんに声をかけられました

職員さん「ここで何を?それ手術着ですよね」

「いや、手術は終わりましたが、足の包帯でパジャマのズボンが入らなくて、手術着(ガウンタイプ)を借りています」

職員さん「ややこしいので戻ってください」

手術着を不審に思った人に通報されたようです。ようやく出た病室に10分ぐらいで連れ戻され、そして退院の日まで病室のあるフロアで過ごすことになりました。

そんな私をかわいそうに思ってくれた看護師さんが、出勤途中の駅で色んなパンフレットをとってきてくれました。そしてその中にコピーライター養成講座のパンフレットがありました。時間はたっぷりありましたので、パンフレットをじっくり読んだ私は、すっかり書ける気になって、退院後の9月から「宣伝会議賞」に挑戦してみることにしました。

これってそのまんま、自分のことじゃないか。
「宣伝会議賞」に挑戦し始めたとき、父が亡くなりました。お葬式のあと、色々な対応や整理をする母を手伝っていたのですが、これがけっこう大変で、

「ほんま大変やわ。あの世で会うたらひっぱたいてやる」
「ははは、やったれやったれ」

なんて言いながら、空いた時間にコピーを考えていました。
応募したコピーは10本。コピーにもなっていない、なんか良さそうなだけの言葉。

結果は全滅。自分は向いてないのかなぁ、受賞するコピーはどんなにすごいのだろう、と思いながら、その後の結果発表を待っていました。

第48回「宣伝会議賞」グランプリ
天国に遅れてやってきた妻が、いきなり私にビンタした。
(朝日生命保険 保険王プラス)


見た瞬間ですね、うわーって感じで、もう頭を抱えました。

見るのではなく、よく見る。まずはそこから。
他の受賞コピーも同じでした。知らないことより、思い当たることの方が多い(受賞コピーを見て「そうそう」とか「これ、わかる」って共感したことはありませんか?共感したってことは、あなたの中にも同じような経験や思いがあったってことですよ)。

要は自分が見落としていただけだ、と教えられました。だから丁寧に、自分や他の人の日常をよく見ていけば、コピーは書ける。審査だって通過するし、受賞だってある。私はそう思って書き続けてきました。

林さんに制作いただいたコピーが使用されている
第56回宣伝会議賞 ティザーサイトは下記の画像をクリックすると表示されます。



(2018.8.8 宣伝会議 編集部/宣伝会議 AdverTimes)

関連する職種の求人一覧