【転職成功事例】事業のクリエイティブディレクションだけでなく、採用ブランディングも―Yさん(男性・30代後半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。今回は、海外志向があり、最終的に海外展開をしている事業会社へ転職したYさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:総合広告会社 職種:クリエイティブディレクター
クライアントのコンセプト立案、企画書作成、プレゼン、外注先の選定、ディレション、進行管理までの一連の流れを担当していた。また、媒体についてもテレビCMを含めたマス広告、SP、Webと一通りを経験している。

<現職>業種:サービス業 職種:マーケティング
社内外に対するブランディングや販促活動を担当。テレビCMやイベント、店頭POPなどの企画から制作ディレクションを担う。最近では、採用における企業ブランディングのクリエイティブディレクターを任されるなど、会社の中核として活躍している。
 

<転職成功の鍵>選考前に面接企業の運営している店舗に訪問して分析を

海外案件に携わりたいとの志向から、外資系広告会社を中心に転職活動を行うなかで、内定企業が海外展開に注力している点で志望度が高まる。また、同社はマーケティング関連職種だけでもかなりの社員が在籍しており、他の事業会社とは異なり専門性の高い組織を構築している点にも魅力を感じていた。企業からの最大の評価点は、コンセプト立案から実施までの一連において、幅広いアウトプット手法の経験が豊富であったこと。また、選考中に同社の運営する店舗に訪問して企業理解を深めていた点も好印象につながった。