【転職成功事例】ワークライフバランス改善のため転職活動! いまは出産を経て時短勤務中―Sさん(女性・20代後半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。ワークライフバランス改善のために事業会社へ転職し、いまは出産を経て時短勤務をされているSさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:総合広告会社 職種:営業 
クライアントのメディアプランニングやイベントプロモーション戦略の企画提案、プロジェクトの進行管理などに従事する。既存クライアントだけでなく新規開拓も積極的におこない、大企業との契約も獲得するなど、社の売り上げアップに貢献してきた。

<現職>業種:メーカー 職種:マーケティング担当 
4マスやOOHなどのメディア運営や、自社サイト・オンラインストアなどのWebマーケティングにおいて、戦略の立案から実施、検証までを担当。当初の希望通り、ワークライフバランスが改善され、現在は結婚・出産を経て、時短制度を利用しながら活躍中。

<転職成功の鍵>具体的な商品のマーケティング戦略を面接でプレゼン

新規営業をおこなうなかで、クライアントから広報・PRのニーズが高かったことから、自ら事業会社での広報というポジションで活躍したいという気持ちが芽生え、転職活動をスタート。1カ月ほどの短期間で、約5社の選考を受ける。内定企業の面接では、実際の商品を例に、どんな層にどのようにアプローチしたいかという思いを自分なりに考えて述べた点が好印象を与えた。なお、転職の軸として、残業を減らしたいという動機もあったため、前職に比べて年収が下がることについては理解の上で入社。