【転職成功事例】当初の志望企業から心変わりして事業会社へ転職―Oさん(女性・30代前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功事例
マスメディアンではマーケター・クリエイターの方々の希望や目的に応じて、転職活動をサポートしています。今回は当初の志望企業である外資系広告会社から心変わりして事業会社へ転職をされたOさんの転職活動事例をご紹介します。(マスメディアン編集部)

<前職>業種:総合広告会社 職種:マーケティング・メディアプランナー
クライアントのマーケティング活動において、市場調査や戦略立案を実施。さらにコンテンツの企画・制作、効果測定分析などをおこない、PDCAを回してきた。特にデジタル領域に強みを持ち、メディアプランニングにも携わってきた。

<現職>業種:メーカー 職種:海外広報
自社のグローバルサイトやSNSの企画・運用管理、また、英文プレスリリースの作成などを担当。社長直轄の部署で経営にも深く携わり、会社の基幹を担うポジションとして活躍中。

<転職成功の鍵>デジタルでの豊富な経験と英語力が評価

前職で主に携わってきたデジタル領域に限らず、幅広いメディアを活用したプランニングをしたいという志向に加え、自分の経験が活かせるフィールドとして、当初は総合広告会社・外資系広告会社を中心に転職活動をおこなう。約1年の長期スパンで活動するなかで、BtoCの仕事への興味を抱いていたこともあり、内定企業であるメーカーの選考を受ける。同社が海外向けの広報ポジションにおいて、Web領域の強化を図っており、Oさんのデジタルでの豊富な経験と、留学経験で培った英語力が評価された。未知の領域である事業会社での業務に対して不安を抱いていたが、希少な事業会社でのポジションでキャリアアップができることに魅力を感じて入社。