フォロワー数1位はハーゲンダッツ!食品業界「Instagram国内アカウントランキング」公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
調査レポート
SNSマーケティング支援をおこなうテテマーチは、Instagramのビジネス活用情報サイト「インスタアンテナ」にて、Instagramを活用している食品業界の公式アカウントをまとめた「Instagram国内アカウントカオスマップ&ランキング ~食品業界編~」を公開した。

■食品業界Instagram国内アカウントマップ

調査の結果、食品業界のInstagram国内アカウントは、商品アカウント・企業アカウント含めて73アカウント(2018年6月時点)。アカウント数が多い理由としては、消費者に身近であることはもちろん、商品数が多いことも理由として考えられる。これらの企業アカウントでは、単に商品を紹介するだけでなく、特に調味料やお菓子系の企業アカウントはオリジナルレシピを公開しているケースも多数見受けられた。今回取り上げた調味料・お菓子系の企業アカウントの中で、レシピコンテンツを投稿しているのは8アカウントで、そのうち5つのアカウントが10,000人以上フォロワーを獲得していた。

■上位3社のInstagramアカウント

上位3社に見られた傾向としては、商品が有名であり海外のフォロワーも多数抱えている点であった。また、商品が有名なだけではなく、投稿写真へのこだわりも強く感じることができ、統一感のある洗礼されたアカウントになっている。

1位:ハーゲンダッツジャパン

ダイナミックなアイスの写真が特徴的で、季節に合わせた投稿をすることによって商品を巧みにアピールしている。写真9枚を贅沢に使用したグリッド投稿が多く、そのうちのいくつかの投稿はGIF動画。写真を9分割にする投稿形式は、タイムライン上に流れてくると、一見どのような写真なのかがわからないため、連投してしまうとユーザーにとって不快感を与えてしまう可能性がある。GIF動画にはその不快感を軽減する効果があると考えられ、ポジティブな興味を惹きつける役割を果たしている。

また、アカウントの世界観を壊さずにアレンジレシピを紹介しているところも注目すべきポイント。商品の紹介をするだけでなく、パンケーキの上に乗せている投稿などで、簡単なアレンジもさりげなく紹介している。

2位:Suntory Whisky
 

ウイスキーのアカウントであるにもかかわらず、風景の画像のみを投稿することもある点が印象的。日本の風情をウィスキーと一緒に投稿し、独特の雰囲気を表現している。キャプションは英語になっていて、日本の良さとウィスキーの良さを海外に向けて発信しており、コメントには「beautiful!」など、海外からのコメントが多数寄せられている人気のアカウントになっている。

3位:Red Bull Japan

エナジードリンクとおいしそうな食事が印象的である一方、スポーツをしている人の動画が多数投稿されている。商品が一切出てこない動画もあり、スポーツが好きな人たちにアカウントを知ってもらうことでレッドブルのPRにつなげている。

■そのほか個性的なアカウント

雪見だいふく

ティラミスやプリンの上に雪見だいふくを乗せただけのシンプルなアレンジを紹介するだけではなく、雪見だいふくをナポリタンに入れたり肉まんに挟んだりなど、目を疑うようなアレンジも紹介されている。消費者が驚くようなコンテンツをつくり話題にすることも、アカウントを運用する上でファン獲得に結びつくポイントになっているようだ。

チロルチョコ

見た目も可愛らしいチロルチョコは、並べただけでインスタ映えしそうだが、ただ並べるだけではなく遊び心が詰まった投稿になっている。シンプルな見た目だからこそ、Instagramの世界観に合わせポップな投稿にすることで、ファンを獲得している。


(2018.7.11 マスメディアン編集部)

関連する職種の求人一覧