新潟開港150周年ラッピング“ネギバス”が完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンペーン
新潟で活動するアイドルグループNegiccoがデザインした「みなとまちラッピングバス」が完成し、6月24日に完成発表会が開かれ、25日から運行を開始している。

この取り組みは、新潟開港150周年Nii port 事業の一環で、みなとまち新潟の『おもてなし』を目的とした「賑わい創造プロジェクト」から派生したもの。みなとまちの中心部を巡る新潟交通の路線バス「みなと循環線」を走る小型バスのラッピングを新潟の地元アイドルグループNegiccoのメンバーがデザイン。車内アナウンスもNegiccoが担当している。

なお今回のプロジェクト資金は、クラウドファンディングを活用し、今年2月1日から4月21日まで募集していた。目標金額4,000,000円のところ、4,255,000円の応募があり、プロジェクトが進められてきた。6月24日、ラッピングバスの完成発表と試乗会がおこなわれ、クラウドファンディング出資者など約200人が参加した。

完成したバスの車体は、全体的に「ネギ」をモチーフにした色合いで、側面は、萬代橋や新潟西港周辺の風景にNegiccoメンバーの3人が溶け込んだデザインに。デザインを担当したNegiccoメンバーは、「みなと循環線に乗って見ることができる風景を取り入れ、そこに足を運ぶきっかけにしたい」とデザインに込めた思いを語った。


(2018.7.6 マスメディアン編集部)