サンリオピューロランドが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
販売促進

6月5日午前10時まで企画募集中の「第10回販促コンペ」。このほど実施された課題協賛企業のオリエンテーションから、一部を編集部がピックアップ。ここでしか読めない、よりくわしい内容をお伝えしていきます。

今回は、「KAWAII(かわいい)」好きの大人の女性も、サンリオピューロランドに行きたくなるような企画を求めるオリエンテーションです(第10回販促コンペの特設サイトは
こちら

「サンリオピューロランドに行きたくなるアイデア」

子どもだけじゃなく、大人に向けたアイデアを


サンリオピューロランド

今回、私どもが募集するのは、「サンリオピューロランドに行きたくなるアイデア」です。「サンリオピューロランド」の認知度はかなり高いのですが、子どもだけのための施設だと思われているのが現状です。20歳代~30歳代の大人の女性同士でも楽しめる施設ということを知っていただき、より多くの方に来場いただきたいと思っています。「KAWAII(かわいい)」好きの大人の女性に向けたアイデアを、ぜひよろしくお願いします。

「サンリオピューロランド」は1990年にオープンしました。以降、未就学児から小学校低学年までがメインターゲットの、ファミリー向けの施設として、たくさんの方にご来場いただいています。ファミリー層のなかでも、お子さまが姉弟、姉妹の組み合わせが多いのが特徴です。

2013年に新エリア「サンリオタウン」をオープン後、来場者の構成比に変化があり、20歳代~30歳代女性のお客さまが増えてきました。「カワイイもの」が好きな大人の女性の来場者は、館内に点在するフォトスポットなどを目当てに来てくださっているようです。その背景には、ソーシャルメディアの「Instagram(インスタグラム)」に見栄えのする写真を投稿したい、といった動機がうかがえます。

館内全体でみると、フォトジェニックなキャラクターフードや、サンリオピューロランド最大のショー、「Miracle Gift Parade(ミラクルギフトパレード)」などのアピールポイントがあります。「サンリオキャラクターボートライド」「マイメロードドライブ」のふたつのライド型アトラクションやキャラクターグリーティングなども、子どもにも大人にも楽しんでいただけます。

「KAWAII(かわいい)」だけじゃない、サンリオのPR
これまで行ってきたPRとしては、まず、お客さまの「記念日」のお祝いをテーマとしたターゲット別の動画があります。子どもと大人の女性、それぞれの層に合わせて、制作したものです。

ターゲット別動画



1「みんなでお祝い」


2「みんなと来たこの日が、記念日」

加えて「ピューロランドのうわさ100」と題し、「行ってみなくちゃわからない」ような、サンリオピューロランドやサンリオキャラクターのうわさを100個、集めて配信しました。また、マイメロディが40周年を迎えた際には、「チャレンジマイメロディ」というキャンペーンを実施し、マイメロディが「叩いてかぶってじゃんけんポン」「フラフープ」「壁ドン」「だるまさんがころんだ」などに挑戦した動画を公開しました。

サービスは停止してしまいましたが、「Twitter(ツイッター)」と連携した動画サービス「Vine(ヴァイン)」で動画配信を行うなど、ソーシャルメディアでのPRにも力を入れていました。最近では、「ちゃんりおメーカー」という、自分でプロフィール画像を作れるWebサービスを開設しました。こちらは、なんと2174万件(2018年5月1日現在)が作られています。

全体として、大きな企画よりも、ソーシャルメディアを用いた企画のほうが実現性が高いと思っています。注意点としては、アトラクション、イベント、キャラクターの開発ではない、ということです。ただ、イベントについては、丸一日かかるものではなく、従業員で対応できるキャンペーンのようなものであれば、実現可能性はあると考えています。また、パーク、キャラクターの世界観を壊すような企画はご遠慮ください。

皆さまの奥の深いアイデアを募集します!

(2018.5.16 販促会議 編集部/宣伝会議 AdverTimes)

関連する職種の求人一覧