スタジオアリスが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
販売促進

6月5日午前10時まで企画募集中の「第10回販促コンペ」。このほど実施された課題協賛企業のオリエンテーションから、一部を編集部がピックアップ。ここでしか読めない、よりくわしい内容をお伝えしていきます。

今回は「写真を通じ、家族の幸せなトキを提供する」スタジオアリスで赤ちゃんの写真を撮りたくなるような企画を求めるオリエンテーションです(第10回販促コンペの特設サイトはこちら

「スタジオアリスで赤ちゃんの写真を撮りたくなるようなアイデア」



「やさしさ」と「ぬくもり」のあるアイデアを
スタジオアリスでは、「スタジオアリスで赤ちゃんの写真を撮りたくなるようなアイデア」を募集します。私たちは「赤ちゃんやご両親の『晴れの日』『記念の日』の思い出を笑顔で残すお手伝いがしたい」と考えています。この考えにのっとったアイデアであれば、キャンペーンやキャッチフレーズ、クリエイティブ、新たな記念日など、どんな企画でもOKです。

スタジオアリスは、こども専用の写真撮影事業を母体としている企業です。スタジオアリスというこども専用の写真館に、ぜひ出向いていただき写真を撮りたくなるような、来店・撮影を動機づける企画や、パパ、ママ、おじいちゃんやおばあちゃんをその気にさせてくれるグッドアイデアを募集します。

我々の使命は、写真を通じ、家族の幸せなトキを提供すること。サービスのトーンやマナーは、「やさしさ」「ぬくもり」としています。今回の販促コンペへのご応募にあたっては、このトーン&マナーを踏襲いただければと思います。ご家族のスタジオアリスサービスのご利用が大きく期待できるアイデアのご提案をお待ちしております。

撮影対象は、生まれてから1歳の誕生日を迎えるまでの赤ちゃんです。そのご家族、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんを含めた写真も対象に含まれます。

写真を通じて分かち合う家族の幸せ
当社の企業コンセプトは「気軽に、便利に、お手頃な価格でお子さまの記念写真、ご家族の記念写真を」です。また、スタジオアリスブランドの理念は、「視聴覚文化関連事業を通じて、『暮らしの豊かさ』に貢献する」こと。「視聴覚文化関連事業」とは、写真撮影のサービスや写真商品の制作を指します。また「暮らし」とは家族、親子で晴れの日を祝うということや非日常、記念写真などを。「豊かさ」とは心の豊かさを表しています。

また、ブランドコンセプトは「暮らしを通じて『家族の幸せ』を分かち合う喜び」です。そのコンセプトを支えるのは、「お届けするのは夢と感動」「日本の文化を、美しい生活行動を大切に」「アリスはいつも新しい」という3つの姿勢となっています。



赤ちゃんの成長に合わせたコミュニケーション活動

◆広告宣伝活動
広告、セールスプロモーションとしては、育児中のお母さんを応援する雑誌「ひよこクラブ」には年間を通じて、広告を掲載しています。また、お子さまの実際のお写真を公式Webサイト内「ハレフォトギャラリー」に掲載することで、写真館で記念を残すことの良さ、楽しさをお伝えしています。

◆Web関連事業
公式Webサイトで赤ちゃんの撮影メニューやキャンペーン情報を更新したり、実際に赤ちゃんの撮影風景を動画で紹介したりしています。自社メディアとして運営するWebサイト「PINTO(ピント)」では、赤ちゃん撮影の楽しさを配信しています。

◆アリスデビューキャンペーン
初めてスタジオアリスを利用される1歳までの赤ちゃんの撮影を対象にした、お試ししやすいキャンペーンを行っております。

◆お宮参りキャンペーン
お宮参りの撮影を対象にしたお宮参り用の祝着レンタルのサービスも実施しています。スタジオアリスでは、ご家族の大切な記念日をご撮影だけではなく、一日を素敵な思い出にしていただきたいと思っています。

◆百日祝いキャンペーン
百日祝い(お食い初め)の撮影を対象にした、”百日記念フレーム”をプレゼント。お子さまの成長の記録としてご家族の方に大変喜ばれている”足形”のサービスを行っています。

◆ハーフバースデーキャンペーン
生後6か月を祝う「ハーフバースデー」の撮影を対象にした、ベビースタイ(よだれかけ)をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

◆バースデーフォトキャンペーン
1歳のお誕生日の撮影を対象に、オリジナル3面台紙の「MyBBブック」に、写真を1枚入れてプレゼント。残りの2面は2歳、3歳のお誕生日のお写真を入れるためのスペースです。そのほかにも携帯電話用の待ち受け画像をプレゼントする施策や、赤ちゃん撮影をされた方におすすめの商品を集めたおトクなセット「ベビコレ」などもご用意しています。

◆イベント
全国のスタジオアリスで「マタニティセミナー」を無料で実施しているほか、トイザらスさんと協賛での年4~5回のイベントを開催するなどしています。

◆ブランディング
スタジオアリスは昨年創業25周年を迎えた節目に、ブランディッドムービーを作成しました。実際にご利用いただいたお客さまの”写真と家族”にまつわるストーリーを募集し、その中から5つのストーリーを映像化し、Webで公開しています。これらを通して写真の持つ「人と人をつなぐ力」を伝えたいと考えています。

◆社会貢献施策「ママのミカタプロジェクト」
「スタジオアリスは子育てママを応援します」として、2018年4月より「ママのミカタプロジェクト」を展開しています。子育て真っ最中のママの、もっと心強いパートナーになれるよう、そしてもっと子育てママが住みやすい社会になるようなお手伝いができればと思い、メッセージを発信しています。

その中でスタジオアリスと親和性の高い「ミッフィー」を起用した子育て応援シール、「ママのミカタシール」を作成、配布しています。「ママ用」は子育て中の母親が、「サポーター用」はそれ以外の方が貼ることを想定しています。たとえば、電車で小さな子供が泣いてしまって焦る母親に、「泣いても大丈夫だよ」と「サポーター」が意思表示する手段になるはずです。さらに、店舗にある授乳室をスタジオアリス利用者以外のママにも開放しています。

◆まとめ
スマートフォンできれいな写真を撮ったり、ソーシャルメディアに載せたりする方が多い時代ですが、そうした方々にも、写真館で撮影することの良さ、写真を残す大切さをお伝えし、スタジオアリスへ足を運んでもらえるアイデアをお待ちしています。どうぞ、よろしくお願いします。

(2018.5.14 販促会議 編集部/宣伝会議 AdverTimes)

関連する職種の求人一覧