特別審査員は箭内道彦氏、「CCN賞2018」作品募集を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コピーライターズクラブ名古屋(CCN)は4月9日、「CCN賞2018」の作品募集を開始した。作品応募受付の期日は、電波・WEB部門が4月26日・27日、グラフィック部門が5月14日・15日となっており、会員・非会員や地域は問わない。審査基準はブランドや出稿量にかかわらず、審査員が「嫉妬する企画」だ。


今年2月、体制の刷新に伴い制作された新しいロゴ
〇CD/CCN(成瀬雄太・河野正人・安藤真理・堀田陽祐・鈴木義野)
○AD+D/安藤真理

また、CNNは今年2月に運営委員を新たにし、コピーライターの活動の可能性を広げる団体として「新しいコピーライター」を運営方針に掲げている。それに合わせCNN賞2018では、事業創出や商品開発など幅広い企画を審査する「自由部門」を開設している(期日はグラフィック部門に同じ)。

審査会は完全公開で、5月19日に椙山女学園大学 星が丘キャンパスで実施され、特別審査員には風とロックの箭内道彦さんを迎える。

■審査員
・2017年度最高賞受賞審査員
俵純一(電通)

・地元審査員
池山徳和(電通名鉄コミュニケーションズ)
大塚久雄(電通)
都築徹(電通)
戸谷吉希(大広)
森川晴久(ADK)

・特別審査員
箭内道彦(風とロック)



(2018.4.10 宣伝会議 編集部/宣伝会議 AdverTimes)