2017年の年間テレビCM出稿量、「通信・web系サービス」が大幅増。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
調査レポート

ビデオリサーチは3月15日、関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象にした、2017年の年間(1~12月)テレビCM出稿動向を発表した。
 
商品種類別で見ると、関東・関西地区では「通信・web系サービス」が、名古屋地区では「住宅・建材総合」が最も多く出稿された。中でも「通信・Web系サービス」は「トリバゴジャパン」「Indeed」「LIFULL」が伸び、3地区とも前年と比べて大幅増となった。
 
関東地区の、商品種類別CM層出稿量ランキング(2017年1~12月)上位10位は以下の通り。
※カッコ内は前年比
 
1位:通信・Web系サービス(139.0%)
2位:郵便・電信・電話(100.4%)
3位:普通乗用車(103.5%)
4位:住宅・建材総合(112.4%)
5位:オンラインゲーム(84.4%)
6位:生命保険(109.3%)
7位:他の化粧品(99.7%)
8位:飲食業(100.3%)
9位:他の非アルコール飲料(98.1%)
10位:保健薬(104.6%)
 
一方、関東地区におけるタレント別のCM露出量では、トリバゴジャパンのCMに出演するナタリー・エモンズが1位に。ランキング上位10位のうち、昨年と比べて最も躍進したのが、7位の斎藤 工(前年121位)。ソフトバンクに加え、Indeedへの出演が大きく寄与したと見られている。
 
関東地区の、タレント別テレビCM量ランキング(2017年1~12月)は以下の通り。
※カッコ内は、主な出演CM:前年年間順位
 
1位:ナタリー・エモンズ(トリバゴジャパン トリバゴ/エスプリライン スピードラーニング:12位)
2位:濱田 岳(ケイディーディーアイ/KDDI auの学割天国/KDDI auピタットプラン:4位)
3位:桐谷健太(ケイディーディーアイ/KDDI auの学割天国/KDDI auピタットプラン:2位)
4位:上戸 彩(ソフトバンク/ソフトバンク みんな家族割/AOKI:3位)
5位:松田翔太(ケイディーディーアイ/KDDI auの学割天国/KDDI auピタットプラン:1位)
6位:桐谷美玲(ソフトバンク ワイモバイル ヤング割/東建コーポレーション/ソフトバンク:5位)
7位:斎藤 工(Indeed Indeed/コーワ キューピーコーワαドリンク/ソフトバンク ワイモバイル おうち割光セット:121位)
8位:綾瀬はるか(コカ・コーラ コカ・コーラ製品/P&G レノアハピネス/武田コンシューマーヘルスケア ベンザブロックプラス製品:8位)
9位:西島秀俊( アメリカンファミリー 病気やケガで働けなくなったときの給与サポート保険/ダイハツ ミライース/リクルートライフスタイル Hot Pepper グルメ:9位)
10位:有村架純(ケイディーディーアイ/KDDI auピタットプラン/伊藤園 お~いお茶:7位)


(2018.3.16 宣伝会議 編集部/宣伝会議 AdverTimes)