エブリー、KDDIとライブコマース提供に向けた資本業務提携を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業・人事
株式会社エブリーは、KDDI株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表した。2018年3月12日に第三者割当増資により発行する株式をKDDIが約30億円で取得し、今後、エブリーはKDDIの持分法適用関連会社となる予定だ。両社は、2018年7月を目途に共同でライブコマース事業を提供していく。

エブリーは、2015年9月の創業以来、レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」、女性向けライフスタイル動画メディア「KALOS」、ママ&ファミリー動画メディア「MAMADAYS」、ニュース動画メディア「TIMELINE」の4つの動画メディアを運営し、料理、家事育児、美容、ファッション、ニュース、ライフスタイル、エンタメなど、幅広いジャンルの動画を月間4,400万人以上に配信している。また、KDDIは、2016年2月に「auライフデザイン戦略」を発表し、通信サービスに加え、電気、金融、物販(EC)、決済、ホームIoT など、日常の生活を支えるさまざまなサービスを提供してきた。

今回の資本・業務提携により、両社は、インターネット上で出演者が生放送にて商品の魅力を伝え、視聴者がリアルタイムに質問やコメントをしながら商品を購入できる「ライブコマース」を提供していく。総合ショッピングモールサービス「Wowma!」などにも展開を予定している。

また、エブリーの既存動画コンテンツとKDDIアセットを連携したEC事業の企画、開発を推進していくなど、国内Eコマース(EC)事業の強化も目指していくという。


(2018.3.13 マスメディアン編集部)

関連する職種の求人一覧