電通、マーケティング領域のAI開発に強みを持つ「データアーティスト」を子会社化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業・人事
株式会社電通は2月9日、マーケティング領域におけるAI活用強化の一環としてデータアーティスト株式会社(以下DA社)を子会社化することを発表した。

同社は1月に、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI」を立ち上げている。AIはマーケティング領域においても既に実践的な段階に入っており、最新テクノロジーに精通したAI人材の獲得と育成が今後の最重要課題となっている。そのため同社は、マーケティング領域のAI開発に強みを持つDA社を子会社化し、競争力の強化を図り、顧客企業に効果的なソリューションの提供を目指す。

同社とDA社はこれまでにも、テレビ視聴予測システム「SHAREST(β版)」や、"人"起点で電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した統合フレームワーク「People Driven Marketing」のデータ基盤「People Driven DMP」の拡張エンジンを開発するなど、2016年11月の業務・資本提携以降、協業を加速させていた。

今後、同社はDA社をAIソリューションの開発部隊と位置づけ、年内にモンゴル・ウランバートルでの拠点設立を計画していると述べた。モンゴルは、政府が「数学オリンピック」への参加を推奨するなど、AIの基盤となる高度な数学素養を持つ人材の豊富さに魅力がある。DA社はこれまでにも数学オリンピックのメダリスト、上位入賞者をAIテクノロジストとして採用し、即戦力としていることも特徴である。

株式取得後は、AIも含む最先端テクノロジーをマーケティング領域に活用して、成長戦略の加速を目指す。


(2018.2.13 マスメディアン編集部)

関連する職種の求人一覧