ソフトバンク、AIで画像解析するマーケティングツール2種類を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新サービス
ソフトバンク株式会社は、株式会社ディマージシェアが開発した、AI(人工知能)で画像解析するマーケティングツール「Creative Analytics」と「Social Media Analytics」の販売を開始した。

ソフトバンクは、AIを活用して企業の業務効率化を支援するパッケージ型のソリューションを、2016年11月から販売しているが、今回新たに販売するのは、AIで画像解析をおこない、広告クリエイティブの効果やソーシャルメディアの反響を分析するマーケティングツール。


AIによるクリエイティブ分析ツール「Creative Analytics」

広告の画像データとその運用結果を学習し、高い広告効果があった画像の構成要素や集客などの傾向値を分析および可視化することができるツール。広告プロモーションにおいて、集客効果が高い画像のレイアウトや色彩などがわかることで、主観的、属人的になりがちな広告クリエイティブ制作において、客観的な判断をおこなうことが可能となる。


AIによるソーシャルメディア上の反響分析ツール「Social Media Analytics」

あらかじめ商品の画像を学習した上で、分析対象のソーシャルメディア上に投稿された商品の画像やテキストを検索および収集し、ソーシャルメディア上でその商品の反響がどれぐらいあるかを分析する。さらに、反響があったユーザー層の属性を分析し、潜在顧客やインフルエンサーを把握することが可能となる。


(2018.2.13 マスメディアン編集部)